対話の現場/絶対に許せない相手と対話を成立させるには

10時間以上も飛行機に乗せて運ぶなんて、猫にとってはたいへんなストレスだ。また、猫は動物検疫のために空港に留め置かれることになる。飼い主から引き離され、たった一匹で何日も過ごさなければならない。これはあまりにも残酷な動物虐待ではないか。人として絶対に許せない、というのである。

では、どうすればよいのか? 友人は、かなりムッとしながら同僚に尋ねた。家族同然の猫なのに、A国で里親を探せとでもいうのか?

いや、ここまで育った猫を、ほかの飼い主の元に置くのは、それはそれで残酷な仕打ちである。

それなら、どうしろというのか? 友人は同僚の偏狭な態度に辟易しつつ、次の言葉を待った。

同僚はサラッと言った。

「安楽死させなさい」

安楽死? 友人は自分の耳を疑った。猫を、この家族同然の猫を殺せというのか?

そう、過酷な苦しみを与えるくらいなら、早々に「楽にさせる」のが飼い主の義務だというのだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT