成長と脱デフレがないと超円高は何度も繰り返す--長谷川閑史・経済同友会代表幹事

成長と脱デフレがないと超円高は何度も繰り返す--長谷川閑史・経済同友会代表幹事

米債務問題に端を発した世界経済の異変。“不安の連鎖”は欧米だけではなく、東日本大震災から復興途上の日本にも及んだ。1ドル=70円台という超円高が、日本企業の業績回復にも影を落とす。政治や行政、企業は今、いかに行動すべきなのか。「縮原発」を提唱するなど財界の論客でもある、経済同友会の長谷川閑史代表幹事を直撃した。

--米国債格下げを発端とする欧米・アジアの株価乱高下は、実態経済を含めた世界の景気不安を予感させます。どう見ていますか。

確かに世界同時株安は現実に生じたが、米国債の格下げがなぜ起きたのかは、格付け会社に聞いてみなければわからない。ただ、民主主義の先進国で政治が行き詰まっていることが、本質的に横たわっている大きな問題なのではないか。

従来の米国なら、共和党と民主党は右派か左派か中道か程度の分かれ方だった。しかし、ブッシュ前政権の頃から極端な右派や左派のグループがその中に生まれ、国益より自分の立ち位置を優先している。

かつて政治家は、公のスピーチでは極端なことを述べても、議会で重要事項を折衝すると、つねに国益最優先で妥協していた。

それが近年、政党の中でも意見が分裂し、まとまり切れない。国債発行の上限額切り上げは今まで何度も行われてきたのに、それが駆け引きの材料に使われ、ギリギリまで混乱を増幅させた。

── 一方で円相場は過去最高値に迫りました。日本企業への深刻な影響は避けられません。

円高は為替の協調介入などを行うことで、一時的に緩和することはできる。だが日本は先進国でも経済規模が大きく、まして単独介入となると効果は極めて限られる。あくまでも対症療法だ。

本質的にはこの国の経済を、安定的でマイルドな成長とインフレに持っていかないと、解決しない。日本だけ世界とかけ離れ、デフレで経済が成長しない中、本質的な部分にメスを入れないかぎり、こうした問題は繰り返し起こる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT