「フェルマーの最終定理」は、序章にすぎない

青木薫が「数学の大統一に挑む」を読む

「数学の大統一」に挑んだ旧ソ連出身の数学者、エドワード・フレンケルの著書『数学の大統一に挑む』をポピュラーサイエンス界の女王、訳者の青木薫が読み解く(写真:Yellowj / PIXTA)
17世紀の学者フェルマーが書き残した「フェルマーの最終定理」。360年の長きにわたって幾多の数学者たちの挑戦を退けてきたこの定理の証明は、モジュラー群というまったく別の数学の、ある予想を証明することで解決する。
「ブレイド群」「リーマン面」「ガロア群」「カッツ・ムーディー代数」「層」「圏」、私たちの知らないさまざまな数学があり、そしてその数学の間に不思議なつながりがある。その「ロゼッタ・ストーン」を解読すること。フランスの数学者によって始められたその挑戦は「数学の大統一」=「ラングランズ・プログラム」と呼ばれた。
この「数学の大統一」に挑んだ旧ソ連出身の数学者、エドワード・フレンケルの著書『数学の大統一に挑む』をポピュラーサイエンス界の女王、訳者の青木薫が読み解く。 

数学に愛を向けたエドワード・フレンケル

本書『数学の大統一に挑む』の原題は“Love and Math”、直訳すれば『愛と数学』である。欧米の本のタイトルには抽象的で詩的なものが多いが、本書もそのひとつと言えるだろう。もしもこのまま邦訳版のタイトルになっていたら、日本の本屋さんは、本書の分類に困ったかもしれない。だが、この原書タイトルには、著者エドワード・フレンケルの熱い思いが込められている。米国のある書評子は、この本は、フレンケルが数学に宛てたラブレターだと述べた。本書を読み終えられたみなさんは、たしかにそうかもしれないと思われるのではないだろうか。ここには数学に向けた彼の愛が溢れているからだ。しかしそれだけでなく、数学の力と美しさを、読者であるあなたに伝えたいという情熱がほとばしっている。文系の読者ならば、「ちょっと待って」とたじろいでしまいかねない、不思議な気迫がここにはある。

そんな本書を読み解くためのキーワードをひとつ挙げるなら、私は「諦めない」を選びたい。本書は、2つのテーマを縦糸と横糸として織りなされたタペストリーとみることができよう。縦糸は、数学者としてのフレンケルの半生、そして横糸は、数学の大統一理論とも言われる「ラングランズ・プログラム」を紹介することだ。そのどちらの糸も、「諦めない」という、フレンケルの強い意志によって紡がれていると思うのである。

次ページ数学との出会い
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT