中国株式市場、20社以上が売買を停止

3週間にわたる大幅下落の影響

7月3日、ここ3週間にわたり大幅に下落している中国の株式市場で、2日には通常を大きく上回る数の企業が取引の一時停止を申請した。江西省で2013年4月撮影(2015年 ロイター)

[香港 2日 ロイター] - ここ3週間にわたり大幅に下落している中国の株式市場で、2日には通常を大きく上回る数の企業が取引の一時停止を申請した。

この日は主要市場に上場する20社以上が、3日から新株募集や資産再編、事業計画などを発表するまで株式の取引を一時停止すると発表した。

中国の株式市場は6月中旬の高値から20%超下落しており、政府が株価下支えに向けさまざまな措置を講じたものの、効果はさほど出ていない。

大型株中心で深セン上場銘柄を含む滬深300指数<.CSI300>は2日に3.4%下落。上海総合指数<.SSEC>も3.5%下げた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。