株高に沸く証券界、本当に死角はないのか

国内外に潜むリスクの芽

5月下旬から6月初めにかけて、日経平均株価は12営業日連続で上昇した。株価が12連騰したのはバブル期真っ只中の1988年に13連騰を記録して以来のことである。

アベノミクスがスタートして2年半が経過した。当初8000円前後で推移していた日経平均株価はぐんぐん値を上げ今や2万円台が定着し、時価総額も初めて600兆円の大台を超えた。東京証券取引所によると、1日平均売買代金は今年に入り、2月から3カ月連続で3兆円を超えている。株式に関しては、株価の水準や売買高、売買代金とも活況を呈しているといっていいだろう。

12連騰でも上昇率は4.2%と最低

株価が12連騰したのは過去に5回しかないという大記録だ。しかし、「株価の上昇率は4.2%と過去最低。だからこそ、極端な過熱感がなく、上昇相場が長続きしている」(SBI証券)という冷静な分析もみられる。いわば、“静かなる熱狂”が今回の上昇相場の特徴と言えるのかもしれない。

週刊東洋経済6月20日号(15日発売)の特集は『証券 熱狂の死角』です。株高・好業績に酔う証券界の死角を追いました。上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

株高も一因となって証券各社の業績は好調だ。日本銀行による量的・質的緩和(2013年4月スタート)をはやし、月間の売買高が1000億株を超えたのが2013年5月のこと。その時期を含み、アベノミクス相場を存分に謳歌した2014年3月期ほどではないが、2015年3月期も証券各社は高水準の利益を計上している。

大手・銀行系5社(野村、大和、SMBC日興、みずほ、三菱UFJ証券ホールディングス)のうち、野村、日興、みずほの3社が前期比で増収増益。残る大和と三菱UFJの2社は最終減益だが、たとえば大和はリーマンショック直前の2006年3月期を上回る純利益を計上し、業績はけっして悪くない。

だが、目を凝らしてみると、証券界を取り巻くリスクの存在に気付く。

次ページ想定しないマーケットの変化も
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT