もし日経平均が暴落したら、いくらで買うか

バブルを止めるにはバブルを起こすしかない

「バブルをガッツリ起こすしかないですね」と確認しあったのだろうか・・(安倍首相と会談した日銀黒田総裁、写真:ロイター/アフロ)

注目の米雇用統計を受けた5日のNY株は、ダウが前日比56.12ドル安の1万7849.46ドルと下落したものの、ナスダックは同9.34ポイント高の5068.46ポイントと、まちまちの動きだった。NY証券取引所の出来高も7億8278万株と、特に大きく売り買いが交錯した感じはなかった。

5月の雇用統計は、非農業部門の就業者数が前月比28万人の増加で、市場予想の22万人増を大きく上回り、昨年12月以来5カ月ぶりの伸びとなった。

そのため利上げが早まるとして、ダウは売り先行となったものの、4日の170ドル安でネガティブ要因はかなり織り込んでいたため、反応は限定的だったといえる。ただそれでも欧米株は、利上げのタイミングに過敏な状態から、まだ抜け出せていないようだ。

日本株は下げない相場でなく、下げさせない相場

対して日本株は、日経平均株価が12連騰で約1000円高となった後の4日間は、さすがに1勝3敗だった。だが下げ幅はわずか約100円で、3日連続安がないという「下げない相場」はまだ続いている。

外国人投資家に言わせると「下げない相場ではなく、下げさせない相場」であり、日銀を含む国家権力で株を下げさせないのだから、世界中でこんな美味しい相場、これほど買い安心感にあふれた相場はないということになる。

ここ2週の投資主体別売買動向を見ると、それが著実に現れている。良くあることだが外国人投資家は一筋縄にはいかず、現物買いの裏で先物を売っていたり、その逆だったりする。今回は、現物・先物とも仲良く大量買い越しになっている。

実は、6月4日の日銀金融研究所主催の国際コンファランス「金融政策:効果と実践」の冒頭あいさつで、日銀の黒田東彦総裁は驚くべき発言をしている。

次ページ黒田総裁はどんな発言をしたのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。