(第10回)悪化する雇用状況 若年層は失業率1割

(第10回)悪化する雇用状況 若年層は失業率1割

日本の失業率は、リーマンショックによる経済危機によって5・5%にまで上昇したが、その後改善して2011年6月には4・5%にまで低下した(グラフ)。これは11年5月のアメリカの失業率(季節調整済み)が9・1%であるのと比べると、かなり低い。

しかし、だからといって日本の失業問題がアメリカより深刻でないとか、東日本大震災が日本の雇用問題を悪化させなかったとは、決していえない。公表されている失業率が低い背景には、次のようないくつかの事情がある。

第一に、雇用に関する統計は、震災の影響で岩手、宮城、福島の3県での調査が困難となったため、3月分から3県を除いて公表している。雇用情勢の実態は、公表値よりも悪化している可能性が高い。

第二に、雇用調整助成金によってかなりの数の潜在的失業者が企業に滞留している。後で述べるように、4月現在での対象者は、約166万人だ。

第三に、生活保護対象者(受給者)が増えている。3月末の全国の生活保護受給者は202万人だ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT