(第10回)悪化する雇用状況 若年層は失業率1割

(第10回)悪化する雇用状況 若年層は失業率1割

日本の失業率は、リーマンショックによる経済危機によって5・5%にまで上昇したが、その後改善して2011年6月には4・5%にまで低下した(グラフ)。これは11年5月のアメリカの失業率(季節調整済み)が9・1%であるのと比べると、かなり低い。

しかし、だからといって日本の失業問題がアメリカより深刻でないとか、東日本大震災が日本の雇用問題を悪化させなかったとは、決していえない。公表されている失業率が低い背景には、次のようないくつかの事情がある。

第一に、雇用に関する統計は、震災の影響で岩手、宮城、福島の3県での調査が困難となったため、3月分から3県を除いて公表している。雇用情勢の実態は、公表値よりも悪化している可能性が高い。

第二に、雇用調整助成金によってかなりの数の潜在的失業者が企業に滞留している。後で述べるように、4月現在での対象者は、約166万人だ。

第三に、生活保護対象者(受給者)が増えている。3月末の全国の生活保護受給者は202万人だ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。