思わず共感抱く「清少納言が怒った」"あるある話" なかなか帰ってくれない客、やる気ない態度…

拡大
縮小
光る君へ 大河ドラマ 清少納言
清少納言とゆかりがある誓願寺(写真: マノリ / PIXTA)
今年の大河ドラマ『光る君へ』は、紫式部が主人公。主役を吉高由里子さんが務めています。今回は現代人も思わずうなずく、清少納言が「憎きもの」とした物事について紹介します。
著者フォローをすると、連載の新しい記事が公開されたときにお知らせメールが届きます。

長々とおしゃべりする客を迷惑に思う

清少納言が執筆した随筆『枕草子』には、彼女が憎たらしいと感じたことや、物事を列挙している箇所があります。

1つ目は、急な用事があるときにかぎってやってきて、長々とおしゃべりを繰り広げる客です。

確かに、迷惑ですよね。清少納言は、気兼ねなく接しやすい客であれば「また、後で」と話の途中でも、話を遮って帰らせてしまうことができると言います。

しかし、そうではない相手の場合はどうでしょうか。例えば、身分が高く、立派な人の場合、かなり憎たらしく「迷惑至極だ」と清少納言は記します。もしかしたら、そうした経験が何度かあったのかもしれません。現代人でも「わかる、わかる」と相槌を打つ人もいるでしょう。

そして、憎たらしいことの2つ目は「硯の中に髪の毛が入っているのに、気が付かずに墨をすったとき」と記しています。清少納言はその答えを書いていませんが、墨がすりにくいし、硯から髪の毛を取るのが面倒だからでしょうか。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT