スズキ会長、38年連続"司会"は円熟の境地

株主から「120歳までやってほしい」との声も

スズキは新興国中心に海外市場の依存度が高い。その海外で積極的な設備投資を計画しているため、内部留保の蓄積を重視してきた。逆に言えば、株主還元が課題だが、「継続的な安定配当を基本とし、当期は連結配当性向15%をメドにする。目標としてきた売上高3兆円、経常利益率6%はいずれも達成できた。新たな中期計画は現在策定中なので、なにとぞよろしく」と理解を求めた。

懸案である国際仲裁裁判所におけるVWとの調停は、「諸手続きはすべて完了している。判決が(出るまでに)長い時間を要していることで困惑しているが、結論が出たら報告する」とした。

「あんな人、ほかにいないよ」

5月の決算会見で「私が辞めるわけにもいかない」と述べた修会長。横に座ったのは長男の俊宏氏(撮影:今井康一)

総会に訪れた、スズキを主要取引先とする内装部品メーカーの会長は「VWの問題が片付くまでは代われないよ。次は(長男の)俊宏さんだとみんな思っているけど、まだ準備は出来ていない。メディアへの発信力、軽業界を代表した発言力も抜群。若くしてトップになって、一番長くトップにいるんだから。あんな人は他にいないよ」と、修会長に高い信頼を寄せる。

もっとも、褒めちぎる株主ばかりでもない。「質問をしたかったが当たらなかった」とやや不満そうなスズキOBの男性(70)は、「自動車業界の平均に比べてスズキの給与は低い。福利厚生も見劣りする。待遇の悪さから退職率が高い。会社の発展にはもっと人を大事にすべきではないか」と辛口だ。だが、この株主でさえ「修会長の経営手腕は大したもの」と言い切る。

5月の決算発表の席で「取締役の若返りが必要だが、私が辞めるわけにはいかない」と語った修会長。総会での堂々たる振る舞いを見ながら、この言葉の重みを再認識せざる得なかった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 性暴力サバイバーの明日
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
誤算に次ぐ誤算のブレグジット<br>日系企業への影響は?

英国議会はメイ首相とEUが合意した離脱協定案を否決。今後、離脱の延期をEUに求めるが、延期が実現しても問題はその後。離脱撤回からソフトブレグジットまで、いずれの道も長い困難が続く。対応を急ぐ日系大手企業への影響もまとめた。