トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン --硬直化し、残念な日本《宿輪純一のシネマ経済学》

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(2011年)』は、ヒットシリーズ『トランスフォーマー』の第3弾目。『トランスフォーマー』(07年)、『トランスフォーマー/リベンジ(09年)』と順調に製作されてきた。
 
 ダークサイド・ムーンとは、地球からは見ることのできない月の裏側のこと。アクションものでもあり、今回から3Dとなった。この3Dは『アバター』の機材を使っているからとかで、CGと合わせすばらしい動きとなっている。



    ©2011 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

そもそも「トランスフォーマー(Transformers)」(日本語は複数形が厳密ではない)とは英語のTransform(変形・変換させる)からの派生語で、自動車などの機械から変形するロボットのこと。その精巧な機械の変形は、数と大きさで『アイアンマン』を上回るものでよくできている。メカ好きの筆者も満足である。

今回は1969年のアポロ11号による人類初の月面到達までさかのぼる。そのとき、宇宙飛行士はトランスフォーマーの宇宙船(残骸)を発見していた。当局はそれを極秘としたが、“悪”のトランスフォーマー軍団「ディセプティコン」による地球侵攻の足掛かりとなるものであった。トランスフォーマーが一般化した現代では、“善”のトランスフォーマーであるオートボットは人類との同盟を続け共存していた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT