地方創生「東京から遠い=ダメ」は言い訳・誤解だ 「新幹線なし、空港から1時間以上」本当にNG!?

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5
拡大
縮小
自然の中でPCを開く女性
企業誘致を行う際に考えたい「5つの距離」とは?(写真:EKAKI/PIXTA)
「今の日本で最大の課題とされる『地方創生』にこそ日本の未来はかかっている」
2022年度の「地方創生テレワークアワード(地方創生担当大臣賞)」と「テレワーク先駆者百選 総務大臣賞」をダブル受賞した株式会社イマクリエ代表の鈴木信吾氏はそう語る。
地方創生をビジネスの使命として全国を駆け回り、約1万人の関係者と接した鈴木氏が、その経験をフルに生かして、このたび日本一わかりやすい地方創生の教科書 ――全く新しい45の新手法&新常識を上梓した。
各自治体からは、その地域ならではの「地に足のついた提案」で好評を博している鈴木氏から見た「地方創生『東京から遠いからダメ』は大間違いだ」について解説する。

「都心に近いほうが有利」は必須条件ではない

『日本一わかりやすい地方創生の教科書』書影
『日本一わかりやすい地方創生の教科書 全く新しい45の新手法&新常識』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

「うちの町は東京から遠いから発展する芽がない新幹線が停まらないから人が集まらない仕事がないから若者が離れてしまう」

これまで地方の欠点として言われていたこれらの理由は、「地方創生3.0」の時代には単なる「言い訳」になりつつあります。

たとえば「地方創生3.0」の時代の「企業誘致」は、かつてのような大工場誘致ありきではなくなっています。

地方への移住も「転職なき移住」が当たり前となりました。

新幹線が停まると、逆にストロー現象で地元の人が出て行ってしまうということがわかったいま、「リモートワークに新幹線はいらない」と、市民へのリモートワーク講座を実施する自治体も増えています。

そんな時代にあって、「地方進出」を考える企業にしたら、都心から近ければ何でもいいか」というと、それだけが条件ではありません

じつは「企業誘致」を考えるときに「5つの距離」も考えます。

次ページ1つめの「距離」は?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT