私もあなたも実は「スライサー」かもしれない 一緒にいると「モヤモヤ」その理由を考えてみた

拡大
縮小
遅刻して謝る女性
いつもちょっとだけ遅刻、本人は悪びれた素振りはなく……。そんな“スライサーさん”、あなたの周りにいませんか?(写真:Komaer / PIXTA)
音声プラットフォーム「Voicy」のチャンネル「学びの引き出しはるラジオ」で、13万人のフォロワーを持つ尾石晴さん。尾石さんの発信が共感を集める理由は、多くの人が感じているモヤモヤや不安を分解し、的確に言語化しているから。そこで今回、Voicyで2月26日に放送された「他人から無自覚に少しずつ取ってしまうスライサー」、および2月29日放送の「私スライサーかも 損したくない心理」をもとに、尾石さんに改めて記事を書いてもらいました。

時間やお金を「薄く」剥ぎ取られていく

ギバー、テイカー、マッチャー。

これらの言葉を聞いたことがありますか?

これはアダム・グラントというアメリカの心理学者が著書『GIVE & TAKE』の中で、「ギブ・アンド・テイク」の関係性をもとに、人間の考えや行動を3つに分類したものです。

見返りを気にせず他人に与える人を「ギバー」、自分の利益のために他人から何かを奪おうとする人を「テイカー」、ギバーとテイカーの中間的存在で、損得のバランスを考えて行動する人を「マッチャー」と呼んでいます。

私たちの職場や友人関係などでは、このような人たちが存在しています。

ギバーやマッチャーなら遭遇しても困りませんが、テイカーは、ときどき出没しては私たちを不愉快な気持ちにさせます。巧妙なふるまいや話術で人の手柄を横取りしたり、うまい具合に自分のミスを人に押し付けたりする人だからです。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【逆転合格の作法】「日本一生徒の多い社会科講師」が語る、東大受験突破の根底条件
【逆転合格の作法】「日本一生徒の多い社会科講師」が語る、東大受験突破の根底条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT