日本企業が中国で直面する「目詰まり」の正体

その在庫管理は適切ですか

ストローでゆっくりと缶ジュースを啜りながら、沢木は暗澹(あんたん)たる思いで、小雨の煙る西安の街を見やった。

「你好!」

代理商のトップを務める王は、5年前からA社の商品を取り扱ってくれていた。

「いやあ、おたくの商品のおかげでうちも潤っていますよ、今後ともよろしくお願いします」

言葉は丁寧だが、太い中国産のタバコをスパスパとくゆらせながら言った。

倉庫で衝撃的な状況を目の当たりにする沢木

(写真:yuliang11 / PIXTA)

早速、王の案内で倉庫に案内してもらう。ただ、その途中に、小雨が降っているにもかかわらず、倉庫の外にいくつも積み重なった段ボールが目についた。よく見ると、わが社の商品である。段ボールが濡れて変色している。強い口調でクレームをつけると、

「ああ、あれは倉庫に入りきらなくて……すぐに整理させますから」

ずさんな管理状況に沢木は言葉を失った。だが、倉庫の中に入って、乱雑に積み重ねられた段ボールの山に、沢木はさらに驚いた。日本の4S(「整理」「整頓」「清掃」「清潔」の頭文字をとった物流改善の基礎)の専門家なら、驚愕して意識を失うかもしれない。これでは、出荷するときに商品を見つけ出すのも一苦労だろう。こんな状態できちんと在庫量を把握できているのだろうか?

「ところで棚卸しはどうしているんですか?」

「ちゃんとやってますよ。……半年に1回くらいは」

「在庫の差異はどのくらいあるんですか?」

「まあ、そんなに大きくはないですよ」

“そんなに”とはどういうことだ? このような管理状況では、カウントミスや盗難など日常茶飯事だろう。差異が小さいはずはない。

矢継ぎ早にオーナーに質問を浴びせながら、地面に落ちている弁当のカスやたばこの吸い殻をかき分け、倉庫の奥に進む。奥のほうにはホコリをかぶった段ボールの山である。棚の奥に、すでに終売している商品の箱もあった。さらに子細に観察すると、先入れ先出し対応できるような整理の仕方をしていないようだ。

「在庫の計算方法は? これらの在庫もカウントされていますか? 不良在庫に見えますが」

「さあ、それは担当者に聞かないとわかりませんね……」

沢木は自分の耳と目を疑った。オーナーからして、在庫に対してこの程度の意識しか持っていない。在庫管理、出荷管理の担当者の仕事の質が容易に想像ついた。

次ページ思わず絶句する沢木
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT