なぜ中国では「カネの不正」がはびこるのか

ガバナンスを強化すれば、結局儲かる

(写真 : xiangtao / PIXTA)
日系大手メーカーで務める架空の人物のフィクションのストーリーとともに、中国での再成長基盤の構築を模索する多くの日本企業への実践的な処方箋を提示する本連載。第4話は経費精算に潜む罠について検証したい。
第1話はこちら:日本企業はなぜ中国で「踊り場」にあるのか
第2話はこちら:中国で苦戦する日本企業にありがちな過ち
第3話はこちら:日本企業が中国で直面する「目詰まり」の正体

 

3カ月後、流通管理システムであるDMSを導入済みの代理商を訪問し、オーナーと業務改善状況を確認し終えた沢木は、ひとりでラーメンとギョーザという夕食の後、自宅マンションの裏通りにあるマッサージ屋(按摩店)に向かった。

リラックスするためもあるが、本当の目的は中国語の習得である。語学スクールに通う暇もなく、張さんなど社内の中国人相手だと気恥ずかしさが先に立つ。

そこで、マッサージでリラックスしつつ、その多くは出稼ぎで日本語も英語もまったく話せないケースが多いマッサージ師と、片言の中国語を施術の間中、話すのだった。

(これぞレバレッジだよな……)

ひとりほくそ笑みつつ、ついウトウトしかけていると、メールの着信音が鳴った。

経営コンサルタントの久保田からで、タイトルは、「監査結果速報」となっている。そういえば、内部では甘えが出るので、不正の噂をちらほら聞いていた経費精算の実態を厳正に調査しようと、久保田が所属するコンサルティング会社に1カ月分の監査を依頼していたのだった。

次ページ監査結果はどうだった?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT