今のEUは、すでに存在価値を失っている

有形の利益がなければ統合は維持できない

EU加盟国のGDP成長率は現在に至っても依然として世界のほかの地域より低いままだ (Shin@K/PIXTA)

ちょうど200年前の今月、ワーテルローの戦いでナポレオンは英ウェリントン公爵率いる連合軍に屈した。この戦いが将来の欧州を形作ったが、英キャメロン首相は同じ役回りを演じそうだ。

保守党政権は、欧州連合(EU)加盟を継続するかどうかを問う国民投票を2017年までに行うと公約した。離脱しないにせよ、英国が欧州から離れていく動きは止まらないだろう。ほかの地域により魅力的な市場機会があれば、欧州諸国の多くもそれに倣うだろう。

変わりゆく統合の意義

EUが英国の要求(移民労働者の利益制限、シティに不利益となる金融規制の緩和、「より緊密な連合」の否定)に応じれば、欧州の各機関を支える条約の根本的な変更となる。「ブリグジット(英国のEU離脱)」は、欧州の経済と政治の断層をあらわにし、後戻りはできないだろう。

第2次世界大戦を受けて、欧州諸国の利益が一致した。にもかかわらず、共同軍隊を通じての政治統合は1954年に失敗に終わり、統合には経済的な共通基盤が重要であることが浮き彫りにされた。

次ページEUは「アミン」と同じ運命をたどるのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。