今のEUは、すでに存在価値を失っている

有形の利益がなければ統合は維持できない

EU加盟国のGDP成長率は現在に至っても依然として世界のほかの地域より低いままだ (Shin@K/PIXTA)

ちょうど200年前の今月、ワーテルローの戦いでナポレオンは英ウェリントン公爵率いる連合軍に屈した。この戦いが将来の欧州を形作ったが、英キャメロン首相は同じ役回りを演じそうだ。

保守党政権は、欧州連合(EU)加盟を継続するかどうかを問う国民投票を2017年までに行うと公約した。離脱しないにせよ、英国が欧州から離れていく動きは止まらないだろう。ほかの地域により魅力的な市場機会があれば、欧州諸国の多くもそれに倣うだろう。

変わりゆく統合の意義

EUが英国の要求(移民労働者の利益制限、シティに不利益となる金融規制の緩和、「より緊密な連合」の否定)に応じれば、欧州の各機関を支える条約の根本的な変更となる。「ブリグジット(英国のEU離脱)」は、欧州の経済と政治の断層をあらわにし、後戻りはできないだろう。

第2次世界大戦を受けて、欧州諸国の利益が一致した。にもかかわらず、共同軍隊を通じての政治統合は1954年に失敗に終わり、統合には経済的な共通基盤が重要であることが浮き彫りにされた。

次ページEUは「アミン」と同じ運命をたどるのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT