今のEUは、すでに存在価値を失っている

有形の利益がなければ統合は維持できない

その結果が1991年のマーストリヒト条約である。しかし、その後の通貨統合では欧州の凋落を止められなかった。米国は急速に生産性が伸びている最中だったし、アジアでは経済発展が始まっていた。ユーロ危機は2008年に始まったが、加盟国のGDP(国内総生産)成長率は現在に至っても依然として世界のほかの地域より低いままだ。

いかなる制度の枠組みも、有形の利益をその構成員に与えないかぎり存続しえない。

チュニジアの工芸品ギルドは、19世紀の産業化の流れに適応できず衰退した。そしてギルドのマスターを示す「アミン」は、中身のない組織の飾りとしての名称にすぎない。欧州の各機関も、同じ運命に直面するかも知れない。

新しい統合の論拠が必要

第2次大戦の影響下での欧州統合は賢明で重要な偉業であった。だが21世紀には新しい統合の論拠が必要である。ほかの連邦国家のような政治統合がないため、EUには別の有形の利益が必要となる。

欧州の人々が「より緊密な連合」という呪文を唱えるだけなら、衰退は止まらない。プーチンによるロシア再興への恐怖からではなく、共通の有形の利益に基づいた新しい統一の目的がなくては、「欧州のアミン」もまた、仕事を失うだろう。

週刊東洋経済2015年6月27日号

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT