難しいけど本当はおもしろい化学反応

なぜ洗剤で油汚れが落ちるのか?

書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

界面活性剤、つまり洗剤は親水性の部分と疎水性の部分を併せ持つ。水に溶かすと親水性の部分は水に入り、疎水性の部分は油汚れにつく。その結果、油汚れは洗剤分子で包まれるようにして取り除かれる。うち酸化漂白剤には塩素を使っているものが多いため、塩酸を含んだトイレ用洗剤などと一緒に使うと化学反応が生じ塩素ガスが発生する。これは命にかかわることもあり危険だ。

普段の生活になにげなくかかわっている化学反応は、有益だが危険な側面もある。接着剤や使い捨てカイロといった身近なものからメタンハイドレート、水素燃料電池まで、さまざまな化学反応の仕組みを、図を交えてわかりやすく解説する。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。