難しいけど本当はおもしろい化学反応

なぜ洗剤で油汚れが落ちるのか?

書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

界面活性剤、つまり洗剤は親水性の部分と疎水性の部分を併せ持つ。水に溶かすと親水性の部分は水に入り、疎水性の部分は油汚れにつく。その結果、油汚れは洗剤分子で包まれるようにして取り除かれる。うち酸化漂白剤には塩素を使っているものが多いため、塩酸を含んだトイレ用洗剤などと一緒に使うと化学反応が生じ塩素ガスが発生する。これは命にかかわることもあり危険だ。

普段の生活になにげなくかかわっている化学反応は、有益だが危険な側面もある。接着剤や使い捨てカイロといった身近なものからメタンハイドレート、水素燃料電池まで、さまざまな化学反応の仕組みを、図を交えてわかりやすく解説する。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT