「ミルクを飲まない文明」が現代文明を超える

欧米の市場原理主義は持続できない

書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

欧米の市場原理主義や金融資本主義に立脚した「畑作牧畜民の文明原理」(動物文明)では、21世紀の危機を乗り越えることはできない。著者が注目するのは、環太平洋地域に15世紀まで存在した稲作漁撈民による「古代文明」(植物文明)、たとえば長江文明、クメール文明、マヤ文明だ。

共通するのは、太陽・山・玉・柱・鳥・蛇を崇拝する世界観を持った女性中心の社会だったことだ。長江文明は東アジアの長江の中・上流域で一時代を築いた「木の文明」。カンボジア・クメール文明にもその遺産はあり、新大陸のマヤ文明にも同様の特徴的な文明原理があるという。

こうしたミルクを飲まない古代文明が現代文明の限界を超えるヒントになるとする。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT