「ミルクを飲まない文明」が現代文明を超える

欧米の市場原理主義は持続できない

書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

欧米の市場原理主義や金融資本主義に立脚した「畑作牧畜民の文明原理」(動物文明)では、21世紀の危機を乗り越えることはできない。著者が注目するのは、環太平洋地域に15世紀まで存在した稲作漁撈民による「古代文明」(植物文明)、たとえば長江文明、クメール文明、マヤ文明だ。

共通するのは、太陽・山・玉・柱・鳥・蛇を崇拝する世界観を持った女性中心の社会だったことだ。長江文明は東アジアの長江の中・上流域で一時代を築いた「木の文明」。カンボジア・クメール文明にもその遺産はあり、新大陸のマヤ文明にも同様の特徴的な文明原理があるという。

こうしたミルクを飲まない古代文明が現代文明の限界を超えるヒントになるとする。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT