「ミルクを飲まない文明」が現代文明を超える

欧米の市場原理主義は持続できない

書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

欧米の市場原理主義や金融資本主義に立脚した「畑作牧畜民の文明原理」(動物文明)では、21世紀の危機を乗り越えることはできない。著者が注目するのは、環太平洋地域に15世紀まで存在した稲作漁撈民による「古代文明」(植物文明)、たとえば長江文明、クメール文明、マヤ文明だ。

共通するのは、太陽・山・玉・柱・鳥・蛇を崇拝する世界観を持った女性中心の社会だったことだ。長江文明は東アジアの長江の中・上流域で一時代を築いた「木の文明」。カンボジア・クメール文明にもその遺産はあり、新大陸のマヤ文明にも同様の特徴的な文明原理があるという。

こうしたミルクを飲まない古代文明が現代文明の限界を超えるヒントになるとする。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。