有料会員限定

「GO」から「Uber」まで 配車アプリを総点検! アプリですべてOK、ライドシェアの成否も握る

✎ 1〜 ✎ 15 ✎ 16 ✎ 17 ✎ 最新
拡大
縮小

日本交通系やソニー系、米ウーバー傘下などプレイヤーはさまざまだ。

スマートフォンの配車アプリとタクシー
配車アプリ上で、タクシーを呼び、乗車し、支払いまでができる(写真:IYO / PIXTA)

特集「ドライバーが消える日」の他の記事を読む

「2024年問題」が懸念される4月まで約1カ月。トラック、タクシー、バスはいずれも人手不足が深刻だ。
『週刊東洋経済』3月2日号の第1特集は「物も人も動かない ドライバーが消える日」。全国で滞る物流や人流の最新事情をリポートし、その処方箋を探る。
週刊東洋経済 2024年3/2号の特集は「物も人も動かない ドライバーが消える日」。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。定期購読の申し込みはこちら

「朝と夕の時間帯は配車アプリからの注文がひっきりなし。お客さんを降ろすと、すぐに次の注文が入ってくる」(20代の都内タクシードライバー)

スマホを使ってタクシーを呼ぶ「配車アプリ」が存在感を増している。アプリで乗車地と降車地を指定し、乗車後の決済もアプリ上で行える。ドライバーと話したり、金銭をやり取りしたりする必要がなく、とくにコロナ禍では非接触ニーズもあって普及が進んだ。

配車アプリはさまざまなサービスが乱立、覇権争いの様相を呈している。主要なアプリは「GO」「DiDi」「Uber」「S.RIDE」の4つだ。

先行する「GO」、都内で強い「S.RIDE

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ドライバーが消える日
物も人も動かない… 「ドライバーが消える日」
トラック、タクシー、バスは深刻な人手不足だ
多重下請け、荷主優位、待遇悪化、人手不足…
「昔の先輩は月100万稼いだ」「若手は興味なし」
1泊2日の長距離運行を日帰りに変えられる
国土交通省で2023年7月に発足、全国に162人
「死ぬ選択肢が突きつけられたようなもの」
日本郵便との連携は意外にも早く進みそう
ヤマト運輸 "日本郵便との提携"がもたらす余波
個人ドライバー報酬は1時間当たり最大1886円
「2025年には店に商品が届かないかもしれない」
時価総額、低PBR、平均年収、女性管理職比率…
「同業の福山通運とは激しい競争をしてきた」
「法令違反状態で走るような運送会社が横行」
インバウンドなど人流回復で移動難民が続出
一般ドライバーの参入に業界は戦々恐々だが…
アプリですべてOK、ライドシェアの成否も握る
利用者がドライバーを評価できるのは利点だ
平均年齢64歳、全国2.8万人のドライバーたち
安全、ワーキングプア、環境問題にも悪影響だ
親付きの会社説明会、20代だけの営業所・・・
「最初は給料高い」「稼ぐテクニックもある」
既存のタクシー会社への規制緩和を唱える
あくまでも既存社員の雇用を守ると訴える
金剛バス「廃止」、長電バス「日曜運休」、東京も…
地方交通の論客が路線バスの廃止について憂う
カスハラに悩み、求人倍率2倍でも人が来ない
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内