有料会員限定

両備グループ代表「公共交通衰退で地方は消滅だ」 地方交通の論客が路線バスの廃止について憂う

✎ 1〜 ✎ 23 ✎ 24 ✎ 25 ✎ 26
拡大
縮小

路線バス会社は全体の9割以上が赤字というのが実態だ。

両備グループ 代表兼CEO 小嶋光信氏
小嶋光信(こじま・みつのぶ)/両備グループ 代表兼CEO。1945年生まれ。慶応大学卒業後、銀行勤務を経て73年両備運輸入社。99年両備バス(現両備ホールディングス)社長就任、両備グループ代表に。2011年現職(写真:記者撮影)

特集「ドライバーが消える日」の他の記事を読む

「2024年問題」が懸念される4月1日まで約1カ月。トラック、タクシー、バスはいずれも人手不足が深刻だ。
『週刊東洋経済』3月2日号の第1特集は「物も人も動かない ドライバーが消える日」。全国で滞る物流や人流の最新事情をリポートし、その処方箋を探る。
週刊東洋経済 2024年3/2号の特集は「物も人も動かない ドライバーが消える日」。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。定期購読の申し込みはこちら

​慢性的なドライバー不足に加え、2024年問題を控え、各地で減便・廃止が続く路線バス。

今後のあり方について、岡山県を中心にバス・鉄道などを運営する両備グループの代表兼CEOで、地域公共交通総合研究所の代表理事を務める小嶋光信氏に聞いた。小嶋氏は地方交通の論客でもある。

 

──各地でドライバー不足によるバスの減便・廃止が起きています。

社会全体であまりに危機意識が足りない。ドライバー不足は深刻というレベルを超え、こうなるのは十数年前からわかっていた。00年代初頭の規制緩和でバス事業は過当競争になり、運賃を下げて賃金も下がる悪循環により、ドライバーは減り続けていた。

そこにコロナ禍が襲い、バス会社の経営が傷んだことにより、すでに減っていたドライバーがさらに離職した。旅客需要が減少したことで、時間外勤務が減り、手当が下がってしまったためだ。もともとの不足に加えてコロナ禍という二重の要因がある。

問題は賃金が下がってしまうこと

──いわゆる24年問題がそれに拍車をかけていますが。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ドライバーが消える日
物も人も動かない… 「ドライバーが消える日」
トラック、タクシー、バスは深刻な人手不足だ
多重下請け、荷主優位、待遇悪化、人手不足…
「昔の先輩は月100万稼いだ」「若手は興味なし」
1泊2日の長距離運行を日帰りに変えられる
国土交通省で2023年7月に発足、全国に162人
「死ぬ選択肢が突きつけられたようなもの」
日本郵便との連携は意外にも早く進みそう
ヤマト運輸 "日本郵便との提携"がもたらす余波
個人ドライバー報酬は1時間当たり最大1886円
「2025年には店に商品が届かないかもしれない」
時価総額、低PBR、平均年収、女性管理職比率…
「同業の福山通運とは激しい競争をしてきた」
「法令違反状態で走るような運送会社が横行」
インバウンドなど人流回復で移動難民が続出
一般ドライバーの参入に業界は戦々恐々だが…
アプリですべてOK、ライドシェアの成否も握る
利用者がドライバーを評価できるのは利点だ
平均年齢64歳、全国2.8万人のドライバーたち
安全、ワーキングプア、環境問題にも悪影響だ
親付きの会社説明会、20代だけの営業所・・・
「最初は給料高い」「稼ぐテクニックもある」
既存のタクシー会社への規制緩和を唱える
あくまでも既存社員の雇用を守ると訴える
金剛バス「廃止」、長電バス「日曜運休」、東京も…
地方交通の論客が路線バスの廃止について憂う
カスハラに悩み、求人倍率2倍でも人が来ない
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内