紫式部と藤原道長は「恋愛関係」にあったのか 歴史学者や作家たちの見解を通して分析する

拡大
縮小
光る君へ 大河ドラマ
紫式部(まひろ)を演じる吉高由里子さんと、道長を演じる柄本佑さん(写真:NHK公式インスタグラムより引用)
今年の大河ドラマ『光る君へ』は、紫式部が主人公。主役を吉高由里子さんが務めています。今回は紫式部と道長が恋愛関係にあったのか否か、かねて続く議論を紹介します。
著者フォローをすると、連載の新しい記事が公開されたときにお知らせメールが届きます。

道長の妻妾たちと式部の共通点

藤原道長と『源氏物語』の作者・紫式部は、愛人関係にあった(式部は道長の妻妾だった)とする説は、昔からあります。

例えば、歴史学者の角田文衞氏(元・大阪市立大学教授)は「道長が紫式部を妻妾とし、そのうえで彼女を新皇子につける腹心の官女にしようと意図したとみるのは、極めて自然で無理のない推測とされるべきである」としています。

道長が妻妾としたのは、藤原為光の4女・5女、源重光の娘、大納言と呼ばれた女性の4人であり、その共通点は、道長の一家と血縁的に近く、未亡人、そして、道長の娘かその皇子に仕えている官女で中年女性です。これに式部も当てはまり、道長に好意を寄せていたから、2人(道長と式部)は男女の関係にあったと、角田氏は考察しています。

確かに『紫式部日記』を読み解くと、式部は道長を「お姿のなんと立派なこと」「素晴らしい」などと記しています。嫌悪感を持っていないのはたしかです。

しかし、肝心なのは、2人が恋愛関係にあったか否かでしょう。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT