佐藤二朗さん公表「強迫性障害」の人が抱える苦悩 SNSで「沢山の励まし、ありがとう」と感謝つづる

✎ 1〜 ✎ 101 ✎ 102 ✎ 103 ✎ 最新
拡大
縮小

その1つが、1日のなかで大事な予定を優先的に入れる、という方法だ。

「外出して、人と交流する予定を決めたり、趣味を楽しんだりする時間をとったりすると、自然と1日あたりの強迫症状にかける時間を減らすことができます。大事な付き合いや楽しみの時間を優先し、強迫観念や強迫行為に使う時間がもったいない、タイパ(タイム・パフォーマンス)が悪いとすることです」(清水さん)

食事のときに、汚れが広がってしまうという強迫観念が浮かんできても、その脅しには付き合わず、優先事項として、「家族との楽しい会話を楽しみ、食材を味わい、食レポをする」といった生活に変えてみる。そうやって脳内の円グラフの比重を切り替えていくことが大切だ。

告白した勇気に感謝したい

今回の佐藤さんのカミングアウトについて、清水さんは「その勇気に感謝の気持ちを感じている」そうだ。

この連載の一覧はこちら

「強迫性障害はなかなか病気と認知されにくい。多くの人に知ってもらえるきっかけになったとともに、『病ゆえの〈力〉』とも言ってくれていて、強迫性障害の診療をする専門家からすると、とてもありがたいです」

症状が出てから、医療機関で治療を受けるまでの期間を「未治療期間」といい、強迫性障害は平均7年という報告もある。治療なしでは、本人も周囲もつらい状況で疲弊してしまう。

「不安になる考えが繰り返し襲ってきて、何か対処の行為をしないと治まらない。1日中、そんなことの繰り返しで日常生活が回らないようであれば、一度、専門家に相談してみるといいかもしれません」(清水さん)

(取材・文/伊波達也)

千葉大学医学部附属病院認知行動療法センター長
清水栄司医師

1990年、千葉大学医学部卒業後、同附属病院にて精神科医として勤務。同年、千葉大学大学院医学研究科博士課程(内科系精神医学)修了。1997年、アメリカプリンストン大学分子生物学講座客員研究員。2005年、千葉大学大学院医学研究院助教授。2006年、千葉大学大学院医学研究院神経情報統合生理学(現認知行動生理学)教授。2011年、千葉大学子どものこころ発達研究センターセンター長。2016年から現職。所属学会は日本認知・行動療法学代議員、日本不安症学会理事、日本脳科学会評議員、日本精神神経学会ほか。著書は『認知行動療法でつくる思考・感情・行動の好循環』(法研)、『自分でできる認知行動療法 うつと不安の克服法』(星和書店)ほか多数。
東洋経済オンライン医療取材チーム 記者・ライター

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

とうようけいざいおんらいんいりょうちーむ / TKO Iryou-Team

医療に詳しい記者やライターで構成。「病気」や「症状」に特化した記事を提供していきます。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT