ホンダ「ステップワゴン」大胆変身に託す真意

かつての絶対王者は「3番手」から脱せるか

ホンダは今後、必要に応じて全世界の車種へこの直噴ターボエンジンを水平展開していく。ターボはいろいろなことができるので、ステップワゴンでもゆくゆくはハイパワーバージョンなどが登場するかもしれない。

改めてデザインを検証してみよう。左右非対称のわくわくゲートをはじめ、見た目にはかなり思い切っているように映る。サイドに特徴的なラインが配されているのは、強く意識したわけではないようだが、担当デザイナーのレース好きが関係しているようだ。たしかに後ろから見ると、ちょっとGTマシンっぽくも見える。

全体のフォルムは、ステップワゴンとしての本質は変えることなく、室内寸法は高さも長さも幅も、最大と胸を張れる広さを実現した。とはいっても、あまりそれを感じさせないよう工夫している。ガラス面積が増えているし、サイドウインドウの角度はハイエースよりも立っているほどだというが、実際あまりそうは見えず、凝縮感がある。

これまでホンダのミニバンというと、メッキを多用しているイメージがある。とくにマイナーチェンジで大幅に増やしてきた経緯があるが、5代目ステップワゴンはそれをやめた。ホンダの販売サイドからは反対の声もあったようだが、あえてメッキの多用をやめたのは、長く乗ってもらえるように、できるだけシンプルにしたかったのだという。インテリアもかなりスッキリとしているのは、北欧家具を参考に、そのエッセンスを採り入れたからだろう。 

2、3列目の乗り心地が快適に

なにより乗り心地がとても快適であることが印象的だった。これまでのステップワゴンの2列目や3列目では少なからず突き上げや硬さを感じたのに対し、5代目ステップワゴンは2、3列目であっても、しなやかでフラットな乗り味に仕上がっている。開発関係者も「まさしくそれは力を入れた部分」と打ち明ける。わくわくゲートのような独特な機構は走りに不利となるものの、それを抑えるために開口部の剛性を高めた。

標準のステップワゴンと同スパーダでは基本的に足まわりのチューニングは共通ながら、乗り比べると印象には違いがある。ちょっと大げさにいうと、違うタイヤを履いたのかと思うくらい、スパーダのほうが踏ん張り感があり、スタビリティが高い。

そのキモになるのがリアのハブベアリングの差別化だ。「それなら標準のステップワゴンにも同スパーダと同じハブを装着しては?」と思うかもしれないが、動きの素直さという点で考えると標準のステップワゴンのほうが上。それぞれに相応しい乗り味が与えられている。

実は筆者も5代目ステップワゴンには興味を持ちつつも、当初はややネガティブなイメージを抱いていた。ところが触れるほどによくできていると、感心することしきりである。モデル末期のセレナを抜きそうな勢いである一方、ヴォクシー/ノアにどこまで食い下がれるか、興味深いところだ。他車にはない大胆な仕組みのわくわくゲートの採用や当初の予定を変更した新型エンジンの搭載など、反撃に向けた並々ならぬホンダの意欲を感じる。

(撮影:梅谷 秀司)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 住みよさランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
「ストレスに強い人」「弱い人」の決定的な違い
「ストレスに強い人」「弱い人」の決定的な違い
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT