絶好調!ホンダ「S660」に見えた唯一の課題

スポーツカーは「誰が」操るクルマなのか

納車が10カ月先という異例の人気ぶり

ホンダが放った新型の軽スポーツカー「S660」。多方面でニュースとなって久しい。軽自動車の常識からすると高価な車両本体「198万円~」という価格設定ながら、月間販売目標である800台を大きく上回るセールスを記録中で、今から注文を入れたとしても納車は2016年3月以降という人気を誇っている。

S660は26歳の椋本氏が責任者となって開発が進められた

かつてホンダが販売していた軽スポーツカー「ビート」というモデルがあった。「S660はビートの焼き直しだ」との声もあるが、S660の開発責任者である椋本陵氏以下、開発陣は「ビートはホンダが誇るすばらしいクルマの1台ながら、S660を開発するにあたっては特別な意識はしなかった」ときっぱり口をそろえる。

とはいえ、軽自動車のスポーツカー、さらにオープンモデルであることからわれわれユーザーからすれば“再来”というレッテルを貼りたくもなる。

それを覆す確かなルーツがある。今から約52年前の1963年10月に登場したホンダのスポーツカー「S500」だ。「S500」はホンダ初の普通乗用車(初の4輪車は商用トラック「T360」)であり、同社の本格的な4輪事業を記念する特別なクルマだった。

次ページ生産されなかった「S360」
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT