日本代表GK権田はFC東京で何を学んだのか

DF吉本との同期対談でJ屈指の育成力を分析

チームスピリットを植え付けられたと語る吉本選手(撮影:大澤誠)

――テクニック以上にマインド面で成長させてくれた?

吉本:そうですね。

権田:どこのJのチームも元プロがコーチをやっていたり、すごい経験を持っている指導者がいたりするが、結構そこ(マインドの育成)がちゃんとしていないチームが多い。だから、ほかのチームの選手のほうがうまいのかもしれないけれど、うちの選手のほうが他人のため、チームメイトのために頑張れるとか、チームのために何をしたらいいか考えられる選手が多いと思う。

ゴールから逆算して行動する

――練習でも、全体を見た中でどう判断するか鍛えるものがあったのでしょうか。

権田:対人練習が多かった。4対4とか5対5とか。目の前に相手が2人いるのにドリブルで仕掛けていったら、抜くのは難しい。でも見方を変えれば、相手が2人いるということは、味方が誰か1人が空いている。その選手を見つけてパスを出すというのが個人戦術。それがない選手は、相手が2人いようと3人いようと、ドリブルが好きならドリブルで仕掛けていく。

小さいグラウンドの中で対人の練習をやると、咄嗟の判断が身に付けられる。僕はゴールキーパーなので普通シュートを打つことはないけれど、最初にゴールを意識して、そこから逆算して行動しないといけない。どこが一番チャンスがあるか、見極めないといけない。思い返せば、中学生の頃、5対5の対人練習ですごくシュートを打っていた。

吉本:打ってたね。それでゴールを決めていた(笑)。

権田:でも、それって僕の中では、誰も相手が来ないし、ゴールが空いているから、シュートを打つ。そうした経験があったから、今でも近くのフリーの選手と遠くのフリーの選手がいたら、遠くの選手にボールを出すようになった。

もし、当時のコーチが「権ちゃん、つなげ」と言っていたら、近くの選手にポンと出していたと思う。でも、そうじゃなくてこっちだと練習の中で気づけたので、常にゴールに近いところから見られるようになった。それが身に付いたのは、対人練習があったから。

吉本:人数が少なくなればなるほど、ごまかしが効かなくなる。多かったら、少しさぼっていても誰かがカバーしてくれたりして大丈夫なことが多いけれど、少なくなるほど、1人さぼったらすぐに失点につながったりする。そういう意味では、さぼれない環境の中で練習できたと思う。

次ページ権田が考える、FC東京で育った意味
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。