日本代表GK権田はFC東京で何を学んだのか

DF吉本との同期対談でJ屈指の育成力を分析

権田:細かいプレーだったり、さっき話した人間的な部分から、あらゆる部分をこのチームに成長させてもらった。だから、プロになってからも、もっとうまくならないといけない、もっとうまくなれるんじゃないか、と思えた。ほかのチームだったら、そう思えずに、プロになってそれでOKとなっていたかもしれない。

僕や吉本選手が活躍しないと、FC東京の下部組織の価値は上がらない。下部組織出身の選手が活躍するのは、今まで携わってくれた人のやってきたことが間違いでなかったという証明になる。それが、これだけ育ててもらった人間の責任でもある。

サッカーは採点競技じゃない

後輩である武藤選手について語るとき、2人の表情は一気にほぐれた(撮影:大澤誠)

――7月に欧州に移籍する武藤嘉紀選手もU15、U18の後輩です。

権田:彼が中学1年生の頃から知っているが、変わらない。FC東京の下部組織出身の選手があれだけ注目されるのはいいこと。現役大学生Jリーガーというところよりも、FC東京の下部組織という部分をもう少し押し出してくれたらいいと思う。

吉本:日本代表に入ってからも、みんなにいじられている。かわいい後輩だし、FC東京の下部組織の選手として自分たちがやらなきゃという気持ちを持っている。武藤選手もその代表として活躍して、FC東京の下部組織をアピールしてほしい。

――プロを目指している子供たちにアドバイスがあるとすれば。

吉本:自分の中で、これだけは負けちゃいけないということを見つけて、練習してきた。ヘディングだったり、最後のところで体を張るとか、これだけは絶対誰にも負けないという部分を、何でもいいので見つけてほしい。もっと特長のある選手がユースから上がってきてくれたらうれしい。

権田:勝ちにいくこと。サッカーは採点競技じゃない。相手よりも点を取るかで結果が決まるスポーツだ。うまいとか下手とか、体が大きいとか小さいとか、いろいろあるかもしれないけれど、結局その相手に勝つか負けるかしかない。

どうやったらうまく動けるかとか考えても、結局勝てないと意味がない。考えてやったけど負けちゃいましたじゃあ、何も考えないで思い切りやって勝ったほうが絶対いい。どういう勝負であれ、勝ちにこだわることで、これから先、もう1つ上に行けるかどうかが決まる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。