日本代表GK権田はFC東京で何を学んだのか

DF吉本との同期対談でJ屈指の育成力を分析

スタメンに多くの下部組織出身者が名を連ねるFC東京。権田選手(後列右端)と吉本選手(後列右から4人目)もその一員だ ©F.C.TOKYO
今夏の欧州移籍が決まっている武藤嘉紀選手を筆頭に、数多くのプロ選手を輩出してきたFC東京の下部組織。東洋経済オンラインでは、育成する側の視点から同クラブの強みに迫った記事「FC東京は、こうやって『武藤』を育て上げた」を6月11日に配信したが、育成される側はその指導から何を学び取ったのか。
FC東京の下部組織で武藤選手の4年先輩にあたる、ゴールキーパーの権田修一選手、ディフェンダーの吉本一謙選手による同期対談で、同クラブの育成術の真髄に迫る。

片付けも含めてサッカーだと学んだ

――二人の初めての出会いは、いつだったのですか。

権田:小学6年生の頃に関東選抜大会という大会があった。対戦チームにFC東京のジュニアユースに入ることが決まっていて、昔から仲のよかった選手がいた。吉本選手もそのチームにいて、「一緒にやるんだ、よろしくね」と話したのが最初です。

権田修一(ごんだ・しゅういち)●1989年生まれ。FC東京U15、U18を経て、2007年にトップチーム昇格。各年代の日本代表にも選出 ©F.C.TOKYO

――そのときの印象は?

権田:うわ、デカい(笑)。僕より大きい人はそんなにいなかった。僕がたぶん173センチメートルくらいで、吉本選手は175くらいあった。

――U15(中学生年代)からU18(高校生年代)と6年間一緒にやってきて、印象は変わりましたか。

吉本:権田選手はずっと変わらず、負けず嫌いでいい意味で芯がある。頑固という印象。常に上を目指している感じ。今もそうですけど。

権田:吉本選手は僕らの学年のキャプテンだった。今もそうだけど、試合に出るときも出ないときも、チームを盛り上げたり、チームが勝つために気持ちを1つにするためにはどうしたらいいのか、昔からみんなを巻き込んで頑張ろうという雰囲気を作るのがうまかった。今になって、こんな選手はあまりいなかったんだなと、貴重な選手で僕らもうまく乗せてもらってやっていたなと、実感している。

次ページ権田たちの根幹を作ったエピソード
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT