綿菓子製造機の移動販売がゲーム全盛期への道築いた--カプコン会長兼CEO 辻本憲三[上]


 業務用ゲーム機の勢いが衰え始めた頃、営業には、暇を持て余す者が出始めていた。報告を受けた辻本は突然、「携帯充電器を造れ。7万個だ。売ってこい」と命じた。充電器はゲームとは無関係だが、時流に乗ったアイデアではあった。彼らの首を切らないために別の仕事を作ろう、との思いだったようだ。

喜怒哀楽をぐっと胸の内にしまい込み、端的な物言いをする。そんな一見理性の人は、実は情の深い人でもあった。それを育んだのは、理不尽の中に見いだした幸せや、最高潮から一気に奈落の底に突き落とされたりした、複雑な来歴がある。

生まれ育った奈良県橿原(かしはら)市は「モノは何もなく、自然だけ」の世界。田んぼや川で遊び回り、勉強などほとんどしなかった。中学2年生の6月、1年ほど病床にあった父親が他界した。苦労話など口にしない辻本が、唯一「大変だった」と険しい顔になるのが、残りの中学校時代だ。母親、弟二人と貧窮に耐え、進学をあきらめて就職先を探した。

「夜間(定時制)だけでも受けて」という母親の懇願がなければ、畝傍(うねび)高校に通うことはなかったろう。今も奈良県随一の進学率を誇る畝高。当時の定時制は300人規模の生徒数に十数人の教師陣と、十分な活気があった。結局「行ってよかった」。同校卒業生であり、全盛期の定時制を知る森田真康校長が話す。「進学できない子も多い時代、制服を着て職場に行けるのは誇らしいことだったはずです。ただ、“勉強が本分”の普通科の生徒と交代で教室へ入るときには、複雑な思いもあったことでしょう」。

辻本は週六日、朝8時半から夕方5時まで、浮き(釣り具)を製造する近所の会社で働いた。終業後、自転車を飛ばして登校、授業の後、柔道部の部活が終わるのは夜10時だった。昼ご飯から何も口にしておらず空腹は限界。帰途はチキンラーメンを楽しみに自転車をこいだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 住みよさランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT