綿菓子製造機の移動販売がゲーム全盛期への道築いた--カプコン会長兼CEO 辻本憲三[上]


 高校卒業後、伯父が経営する菓子卸業を譲り受けた。自営業を選んだ理由を、「夜間しか出てないからロクな会社に就職できないと思った。だから起業するしかなかった」とにべもないが、とにかくこれが辻本にとって初めての社長業となった。会社は「辻本商店」と名付けた。

開口一番、「アイデアマンだよね」と発するのは、辻本が尊敬するセブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長。自ら用意したレジュメを手に、「これ(辻本の経歴)見ると、皆が思いつかないような新しいことを次から次へとやっている。しかも、借金をどんどん背負うんだけど、全然めげないんだよね」と付け加える。

借用書を書いてはブリキ箱に菓子を入れ、売り歩く。未払い金は雪だるま式に膨らみ、創業第1号の辻本商店は見事に失敗。仕入れ元に「出世払いにして」と頼み込み、会社を畳んだ。「奈良じゃ仕事にならん」と、大阪に出て、間口3間の菓子小売店を開業。ここで辻本は思い切った投資をした。その投資、綿菓子製造機こそが辻本の出発点となった。

1万5000円のこの機械、店先に置くと近所の子どもが20人も30人も列を成す。彼らは1本50円の綿菓子が欲しいのではない。綿菓子ができる工程を飽きずに眺めるのだ。すぐさま「俺、暇やからセールスやらせてくれ」と販売元に掛け合った。

綿菓子機を車に載せ、いざ西へ。完全歩合制で儲けは5割。よく売れた。鹿児島まで行ったところで、売り先がなくなった。さあ戻ろうというとき、パチンコ改造機を造っている人物から「帰るなら、これ売りながら帰って」と託された。それで今度はパチンコ改造機を載せ、Uターン。綿菓子機以上に“市場”は広く、1機種が1000台単位で売れた。エンターテインメント・ビジネスの可能性を辻本はこの時つかんだ。74年、遊戯機レンタル・販売のアイ・ピー・エムを起業する。

アイ・ピー・エムの成長と没落は、社会現象化したスペースインベーダー抜きには語れない。タイトー製品の販売を受託していた辻本は、直販営業所の10倍売った。喫茶店という喫茶店、そのテーブルというテーブルに納入し、儲けに儲けた。だが、ブームは襲来と同じ勢いで去り、残ったのは莫大な借金だった。
 
[下]に続く。 

つじもと・けんぞう
何度もどん底を見たはずだが、周囲は「苦労話を聞いたことがない」と口をそろえる。そもそも本人に“苦労人”の意識がない。「どんなに下向いたときも、『これは過渡期で次があるで』と思ってた」。現在70歳。人はそのうち100歳まで働くようになる、と予想する。ゲームもワインもゴルフも「やるならとことん」
 
カプコンの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(前野裕香 撮影:ヒラオカスタジオ =週刊東洋経済2011年7月9日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT