綿菓子製造機の移動販売がゲーム全盛期への道築いた--カプコン会長兼CEO 辻本憲三[上]


 それをもって83年6月、辻本はカプコンを創業する。だがその半年後、辻本を襲ったのがコーガンの急逝だった。創業者を失ったタイトーが突如突き付けてきたのが、「即刻返済せよ」の通告だったのだ。

辻本は初期投資に使ったばかりの1億5000万円を、金利20%で借金し直す羽目になる。その後も自転車操業で倒産の危機に何度も陥った。地元の銀行幹部が「会社(カプコン)に信頼はないが、辻本憲三が好きだから貸す」と情けをかけたことも、一度ではなかったという。

だが、創業メンバーで開発の青木隆(現品質管理部長)は、当時の資金繰りの苦しみを知らない。開発現場に対し、辻本は切迫した様子を一度も見せなかった。「明日か明後日かには潰れるかもしれない、そんなときでも現場に来てニコニコしていた。『調子はどうだー』とかそんな感じ。だからこっちは会社が苦しいのがわからない。『作りたいもの作れ』と言って信用してくれたから、すごくやりやすかった」(青木)。

100万円単位の高額機材をいくつも注文していたとき、開発以外では10万円の出費にも慎重だったことを、青木は後になって知った。

一方で辻本がハッパをかけたのは、作品が当たったときだ。大喜びの現場に対し、「このゲームはこんなもんじゃない、もっと行く」と計画値を3倍に書き換えて、担当者を青ざめさせた。そしてその修正計画値は、あたかも既定値のごとく次々と達成されていく。苦しい中でも天性の嗅覚が鈍ることはなかった。

定時制で学んだ青年時代 おしぼり屋から得た教訓

辻本は“語るカリスマ経営者”ではない。質問するとじっと考え、核となる短い言葉を吐く。創業来、古参社員の多くが辻本から離れていない。多くを語らない辻本の背中に、社員たちは何を見てきたのか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?