新入社員「落ちているゴミを拾う」がなぜ重要か 小さな積み重ねが運命を変えるトリガーになる

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3
拡大
縮小
新入社員
新社会人にとって入社後しばらくは初めての経験ばかり。そのような日々の中で心がけたいこととは?(写真:8x10 / PIXTA)
学校を卒業して社会人になったり、転職や異動をしたり。春は新しい環境での仕事が始まるタイミングです。慣れないことばかりで戸惑いも多いでしょうが、だからこそ、あらかじめ頭に入れておくと仕事が順調に、気持ちが楽になる思考法もあります。
IT企業の会社員で、SNSで発信するライフハックが人気を呼ぶ「びっとらべる」さんの著書『社会人1年目「直前」の教科書 「驚異の新人」と呼ばれるために習得する100のメソッド』から、新人が知っておきたい「思考術」について3つのポイントを抽出し、ご紹介します。

ゴミを拾えない人は、チャンスも拾えない

公共心が高いと言われる日本人ですが、残念ながら地面に落ちているゴミやモノに対して、見て見ぬふりをする人が多いものです。これは公道ではもちろんのこと、職場やプライベート空間においても言えることです。

「いやいや、この行動が『仕事』や『チャンス』にどのような関係があるの?」と思ったかもしれません。

「ゴミを拾ったら、手も汚れるし、ましてや他人のゴミを拾うなんて無駄な行為でしかない」このような考え方の人には、残念ながらチャンスが訪れることはありません。

心もどんどん濁っていきますし、小さなことを積み重ねることができない人は信頼すら置けなくなってしまいます。

こういうちょっとしたゴミやモノに「気づいて拾う」という行為で自分の時間を数秒も使うことができない人は、小さなことに気づくことができず、結果として仕事を任せてもらえなくなるのです

ここで最もダメなポイントは「そこにある何かに対して無視してしまう癖がつく」ということです。目の前にある小さなことを無視し続けてしまうと、少しずつそういったものに気づくことすらできなくなってしまい、目の前にある小さなチャンスにすら気がつけなくなるのです。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT