「NTDsの撲滅には、日本の力が必要です」 熱帯感染症の権威、ホッテズ教授に聞く

印刷
A
A

現在、韓国でMERSの感染が問題になっていますが、昨年のエボラ出血熱の流行では特効薬もワクチンもなく、2万人もの人が亡くなっています。

このような悲劇が起きてからようやくワクチン開発を始めているという状況では、終息したころになってようやくできてくるということになってしまう。事前に患者を救えるだけの技術力を蓄え、同時にビジネスとしても満足が得られるしくみが必要なのです。

――ご著書『顧みられない熱帯病』は、最近邦訳されました。どんな人に読んでもらいたいですか。

2008年にアメリカで初版が刊行されたときには、大学生を中心に国際的な開発協力に関心のある若い人が読んでくれました。日本でも科学者ばかりでなく一般の若い人に読んでもらいたいですね。さらに、世界のなかでどのように貢献できるかということを考えている、製薬をはじめ産業界のリーダーにも読んでもらいたい。

日本は、NTDs問題に対してもともとある程度の貢献をしてきていますが、GHITファンドの設立以後、ますますグローバルヘルス問題に対する貢献度は大きくなりつつあります。そしてその分、世界からの期待も大きくなっています。一般の人たちにも、もっともっと関心を持っていただきたいですね。安倍晋三総理にも私のサインの入った本をお贈りする用意がありますよ(笑)。
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT