ソニーはなぜ「銀座の一等地に公園」を作ったのか 公園を「再定義」して見えてきた"らしさ"の本質

✎ 1〜 ✎ 14 ✎ 15 ✎ 16 ✎ 最新
拡大
縮小
その企業の「らしさ」はどこからくるのか。今回はソニーの手がける「Ginza Sony Park Project」について掘り下げていきます(撮影:今井康一)
この記事の画像を見る(9枚)
企業を取り巻く環境が激変する中、経営の大きなよりどころとなるのが、その企業の個性や独自性といった、いわゆる「らしさ」です。ただ、その企業の「らしさ」は感覚的に養われていることが多く、実は社員でも言葉にして説明するのが難しいケースがあります。
いったい「らしさ」とは何なのか、それをどうやって担保しているのか。ブランドビジネスに精通するジャーナリストの川島蓉子さんが迫る連載の第15回は、ソニーが手がける「Ginza Sony Park Project」を取り上げます。

ソニーの「新しいブランドコミュニケーション」

東京・銀座の数寄屋橋交差点を思い浮かべるとき、「ソニービル」を想起する人は少なくないだろう。現在ここでは、1966年にソニーが建てたビルを建て替えるプロジェクトが進んでいる。「Ginza Sony Park Project(ギンザソニーパークプロジェクト)」と名づけられ、「新たなブランドコミュニケーションの場」を目ざしている。

ソニービルオープン当時(1966年)(写真:ソニーグループ)

2024年完成予定のこのビルはどのようなものなのか、ソニーの「新しいブランドコミュニケーション」は、どのように図られていくのか。本プロジェクトのリーダーであるソニー企業代表取締役社長兼チーフブランディングオフィサーである永野大輔さんの話を聞いた。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT