聡明な紫式部に父が口にした「忘れられない一言」 世界最古の長編物語を書いた紫式部とその家族

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小
紫式部 源氏物語 大河ドラマ 光る君へ
大河ドラマ「光る君へ」で紫式部の父を演じる岸谷五朗さん(写真:大河ドラマ公式サイトより引用)
NHK大河ドラマ「光る君へ」がスタートして、平安時代にスポットライトがあたることになりそうだ。世界最古の長編物語の一つである『源氏物語』の作者として知られる、紫式部。誰もがその名を知りながらも、どんな人生を送ったかは意外と知られていない。紫式部が『源氏物語』を書くきっかけをつくったのが、藤原道長である。紫式部と藤原道長、そして2人を取り巻く人間関係はどのようなものだったのか。平安時代を生きる人々の暮らしや価値観なども合わせて、この連載(毎週日曜日配信)で解説を行っていきたい。初回は聡明だった式部に、父親の為時が口にした一言と、式部の人生に与えた影響について解説する。
著者フォローをすると、連載の新しい記事が公開されたときにお知らせメールが届きます。

生年も本名もわかっていない

世界最古の長編物語『源氏物語』の作者として知られる紫式部。生年については諸説あり、970(天禄1)年とする説や、973(天延1)年とする説などがある。

本名もよくわかっていないが、存在したことは確かなようだ。次のような記録が残っている。

平安時代の公卿・藤原実資は、一条天皇の皇后である彰子の御殿へ、毎月のように出入りしていた。どうも、養子の藤原資平を蔵人頭に任官させてほしいと、彰子にとりなしてもらおうとしていたようだ。

訪問時には、必ず同じ女性が取り次いでくれたという。藤原実資は長和2(1013)年5月25日、日記『小右記』にこう記した。

「今朝帰り来たりて云わく、去んぬる夜、女房に相逢う」

この女房のことを「越後守為時の娘」と説明している。

「越後守為時」とは、越後守を務める藤原為時のことで、その娘が現在、「紫式部」として知られている女性だ。この『小右記』での記述が、紫式部の実存を裏づける確かな記録とされている。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT