4年でゼロ→58人「外国人採用」始めた会社の実情 入社を希望する訳、馴染んでもらうための工夫

拡大
縮小
外国人採用 システムアイ
社内で行われている日本語教室の様子(写真:システムアイ提供)

人手不足に苦しむ日本企業。とりわけDX人材は、まさに奪い合いの状況にある。「リスキリングでDX人材を養成しよう!」という国を挙げての「運動」も、急を要する企業の現場では、いまひとつ現実味が感じられないのではないか。

そこで、発想と視点を変える企業が出てきた。外国人採用である。高度なスキルを持ち、なおかつ「日本が好き」な外国人エンジニアを、正社員として採用する企業が増え始めている。

外国人58名が正社員として働く

横浜に本社を置くシステムアイは、1996年に創業されたシステム開発のコンサルティング会社。もともと金融機関向けのシステム開発をメインにしていたが、クラウドやAIなど、新たな技術の台頭を受けて、業容を拡大。2019年に、東証プライムに上場する大手グループの傘下に入り、業務系のシステムだけでなく、一般のコンシューマーが使用するアプリの開発などに事業領域を広げている。

事業拡大に伴って、高度なコンピュータ・スキルを持った人材の採用も積極化。2019年当時は約80名だった従業員は、4年後の今、300名規模になった。特筆すべきは、外国人社員の多さだ。現在、58名が正社員として働いている。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【逆転合格の作法】「日本一生徒の多い社会科講師」が語る、東大受験突破の根底条件
【逆転合格の作法】「日本一生徒の多い社会科講師」が語る、東大受験突破の根底条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT