4年でゼロ→58人「外国人採用」始めた会社の実情 入社を希望する訳、馴染んでもらうための工夫

拡大
縮小

DX人材をリスキリングによって育成するのは、可能性ゼロとは言わないが、現場が求める即戦力人材に対して数的に充足させることは困難だろう。コンピュータ・サイエンスを学んだ外国人を採用することが、最も現実的ではないだろうか。

もちろん不安を感じる方も少なくないはずだ。しかし、やってみると心配するほどではなく、むしろ職場にいい効果をもたらすことは、システムアイの事例でおわかりの通りだ。

日本では英語の先生にしかなれない

葛川さんは言う。「日本に興味を持って移住してくる外国人エンジニアは、日本で働き口を探したときに、やっぱり『日本語が使えない』などの理由で本職につけない方が多い。当社にもいますが、エンジニアなのに、日本では英語の先生にしかなれない、というのです。私たちは、そういう方々を受け入れられる状況になって来ているので、経験豊かな方が来てくれます」。

ここには大きなミスマッチがあり、それは見過ごされているようだ。

「私たちの経営課題として、外国の方でもマネジャーになったり、お客様と折衝ができるようになっていくとか、そういうことをいろいろな軸で実現させたいと考えています。ただ一方で、私の指向性が、全幹部の指向性と同じかというとそうではありません。

わかりやすく言うと、英語が本当に苦手な人もいます。そういう人に外国人スタッフを大量に送り込んでもお互い幸せになれないので、そこは1人ずつの適性を見て、それに合った採用をしていかなければならないだろうなと思っています」

葛川さんは、これからも外国人採用を積極的に進めていこうと考えている。

間杉 俊彦 フリーライター

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

ますぎ としひこ / Toshihiko Masugi

1961年東京生まれ。1986年ダイヤモンド社に入社、週刊ダイヤモンド編集部に配属。記者として流通、家電、化学・医薬、運輸・サービスなどの業界を担当。2000年に同誌副編集長。2006年より同社人材開発編集部副部長として研修教材や人材育成に関する書籍の編集を担当。2019年3月に退職し、現在フリーライターとして活動。編集を担当した主な書籍に『組織開発の探究』(中原淳、中村和彦著、ダイヤモンド社)、『ヤフーの1on1』(本間浩輔著、ダイヤモンド社)。ライティングを担当した書籍に『プロフェッショナル広報の仕事術』(高場正能著、日本経済新聞出版)などがある。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT