《日本激震!私の提言》被災4地域ごとに個性、地元ニーズ理解し再建を--藻谷浩介・日本政策投資銀行参事役

《日本激震!私の提言》被災4地域ごとに個性、地元ニーズ理解し再建を--藻谷浩介・日本政策投資銀行参事役

--復興構想会議ではどのような街づくりを提案するのか。

まず、被災者がどうしたいのかということが大事だ。被災者の本当の願いである生活再建に向け、合理的な仕組みを考えなくてはならない。

高い堤防を建てたり人工地盤を築いたりして、もともと住んでいた海沿いの平地に住みたいのか、東京など大都市圏に移りたいのか、内陸都市に移りたいのか、津波が及ばない数キロメートル奥の平地や高台に住み替えたいのか。多くの方は、家さえあれば数キロメートル奥や高台に住み替えたいと答えるだろう。仮に低地に高層の避難施設を設けても、津波が夜間だったら、停電の中でそこまで避難しきれるかどうか。海岸沿い地区は昼間、仕事に通うだけにしておけば、いざとなった際には、十分避難できる。

押し付けのプロダクトアウトはいけない。阪神・淡路大震災後の長田区では、かつての住居や産業、地域コミュニティとかけ離れた近代的な高層住宅群や商業ビルに、人も商店も戻っていないというケースがある。

波を被(かぶ)った海岸沿いにこだわる人々がいるのは、そこにしか自分の土地がなく、買い手も付きそうにないからだ。高台や数キロメートル奥の土地を買収し、彼らの所有地と換地するという方式を取れば、そのこだわりは薄れるだろう。近隣になるべくまとまって移転し、コミュニティを維持するほうが、住民もハッピーだし、孤立老人対策などに伴う公共支出も抑えることができる。

被災地は大別して4つ 内陸部も復旧・再開急げ

もう一つ重要なことは、地域ごとの違いに対する理解だ。今回の被災地は、四つに大別でき、状況も地形も異なるので、それぞれに個別具体的な対応を考えないといけない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。