大増殖!「ミニケンミンショー」が人気のワケ

なぜ地方ネタ番組を見てしまうのか?

ここ数年、ご当地自慢番組が増えてきて、各番組が取材する地域も、ますます細分化してきているようです。日本全国津々浦々、都道府県単位をさらに掘り下げて、市町村単位で取材。どこまでディープになるのか、というところまで来ています。

世界的にも極めて貴重!

取材される側も、町おこしの一環として喜んでネタを提供しているようです。「ジョブチューン」で各県の知事が自らタレントのようにお国自慢をしているのには驚きましたが、制作側にとっては、取材相手が協力的なのはありがたいこと。とても制作しやすい企画だと言えます。

それに加えて、現地取材でも、テレビの影響なのか、面白いことを言う日本人が増えてきたような気がしています。取材しやすくて、制作費も抑えられて、視聴率も取れるということで、ご当地自慢企画は、今後しばらくブームになりそうです。

こうした番組は、長い歴史のある日本ならではのもの。アメリカでは、カリフォルニアのハンバーガーも、隣のオレゴンのハンバーガーも、ニューヨークのハンバーガーもほぼ同じ。言葉もアクセントは微妙に違いますが、各地ほぼ同じ。なので、ご当地自慢番組というのを見たことがありません。

各地方で文化や風習が違う中国であれば、番組としては成立しますが、国土が広すぎて全国津々浦々まで取材するのも難しいでしょう。そう考えれば、ひとつの国の豊かな文化を各都道府県、市町村単位で詳細に見せてくれる番組は、世界的には極めて貴重。日本人だけではなく、もっと外国人にも見てもらって、日本文化の奥深さを実感してもらいたいものです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現地ルポ<br>アメリカ・若者たちの反乱

Z世代、ミレニアル層と呼ばれる米国の若者が大きく揺れている。従来の保守、リベラルの枠組みを超えて右と左に分裂、新しい政治運動を推し進めている。彼らの受け皿となっている新・社会主義、リバタリアニズムの現場をリポート。

  • 新刊
  • ランキング