大増殖!「ミニケンミンショー」が人気のワケ

なぜ地方ネタ番組を見てしまうのか?

「カミングアウトバラエティ!! 秘密のケンミンSHOW」(日本テレビ系)
・山形県内の4つの地域にそれぞれご当地ラーメンがあることを紹介。鳥中華(村山地方)、酒田ラーメン(庄内地方)、とりもつラーメン(最上地方)、米沢ラーメン、赤湯からみそラーメン、馬肉チャーシュー麺(置賜地方)と、まったく違う種類のラーメンが次々に登場(5月28日放送)

ざっと見ただけでこれだけあるのですから、おそらく調べればもっとあるでしょう。なぜ、視聴者はこうしたディープな「ローカル企画」をついつい見てしまうのでしょうか。

「探偵!ナイトスクープ」が元祖?

そもそも、こうした地元密着企画は、全国ネットではなく、ローカル局の番組で多く放送されてきました。最も有名なのは、「探偵!ナイトスクープ」(1988年~、朝日放送系)。関西で20%近い視聴率を誇る番組です。

本連載が待望の書籍化!新たに書き下ろし部分を加え、相棒、マツコ、池上彰など、話題の番組を徹底分析!

この番組からはさまざまな名物コーナーが誕生。日本地図上で境界線を探る企画(日本語の「アホとバカの境界線」を調査)や、「○○市vs. △△市」といった対決企画(「枚方市vs. 寝屋川市」どっちが都会かを調査)の元祖は、この番組だったと記憶しています。

ところが、関西地区ではずっと高視聴率を獲得してきた「探偵!ナイトスクープ」も、残念ながら、東京では苦戦。関西色があまりにも強烈だったからか、関西の笑いが理解できる人が意外に少数だったからか、関西出身の筆者にはいまだによくわかりませんが、テレビ朝日での放送はいつのまにか終了。

現在は、毎週日曜日の夕方、東京MXテレビで放送されています。(ちなみに筆者は「笑点」の裏で放送されている「探偵」を見ていますが、こうした視聴者は、おそらく東京では少数派でしょう)。

その後、2007年、調査対象を関西だけではなく、全国に広げて調査する番組が、大阪の読売テレビから誕生しました。それが、「カミングアウトバラエティ!! 秘密のケンミンSHOW」(毎週木曜 夜9時、日本テレビ系)です。当然のことながら、47都道府県を対象とすれば、ターゲットとなる視聴者数も多くなり、東京でも安定した視聴率を獲得しています。

この番組が支持されている理由のひとつが、視聴者の郷土愛をうまくくすぐっていること。毎回、特集される県の出身者(タレント)が秘密をプレゼンする方式にして、時には他県と対決させたりします。自分の出身地や知っている地域が特集されれば、“あー、この場所、知ってる知ってる”“この言葉、使う使う”とうれしくなるのは当然のこと。

次ページパリでも栃木でも、異文化体験?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 白馬通年リゾートへの道
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100<br>2019年最新版

ファンドが大型化しマネーが殺到するベンチャー企業。大化け期待の日本発 “金の卵” 100社を厳選。アプリで禁煙治療、空飛ぶバイク、ハエで肥料生成など異色のアイデアを満載。プリファードなどユニコーンの現在地やIPO後の株価の検証も。

  • 新刊
  • ランキング