「アベノミクスに成長戦略はない」は本当か

金融緩和で日本の観光産業は高成長軌道に

(写真:KAORU / PIXTA)

外国人観光客は通年で1500万人超のペース

2014年頃から、日本を訪れる外国人観光客の数が大きく増えているが、2015年になっても勢いはほとんど衰えていない。先日判明した4月の訪日外国人は、前年比43%も増えた。もし、1~4月のペースで外国人観光客が増え続けると、通年で1500万人を超えると観光庁は認識している。

日本の株式市場においても、外国人旅行者によるインバウンド消費の恩恵をうける、百貨店や量販店が関連銘柄とされ、関連する企業の株式についてアップサイド(価格上昇余地)の可能性が議論されるなど、日本の金融市場においても訪日客の動向は注目されている。

実際に、この1~2年、街を歩く外国人旅行者の数が目に見えて増えていることを実感されている方も多いのではないか。旅行者を中心に訪日外国人が増えているのは、ビザ要件緩和などの政府による対応が後押しした面もある。

ただ、2014年からの外国人旅行者が大きく伸びていることに最も大きく影響したのは、2013年以降のドル円の変化であろう。アベノミクス発動で1ドル80円前後だった「超円高」が是正され、日本の観光サービス業という「輸出産業」の価格競争力が高まったということだ。

次ページなぜ円安=すぐに輸出増とならなかったのか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。