インド数学の発想 IT大国の源流をたどる 矢野道雄著

インド数学の発想 IT大国の源流をたどる 矢野道雄著

経済発展を続けるインド。「インド人は19の段までの掛け算を覚えている」とされ、それがインドの算数教育の特長のようにいわれる。1970年代からインドの哲学と科学を研究してきた著者は、十進法であるかぎりは九九で十分と調査の結果をまとめる。

インド式速算術では、1の位が5であるような数を2乗するとき、あるいは100に近い二つの数を掛け合わせるとき、「インド数字の魔法」のごとく暗算がされる。これらも、計算を簡単に行うためのテクニックが駆使されているのがみそなのだという。

3000年に及ぶインドの数理科学の伝統を、古代文献とフィールドワークに基づいて、過去と現在の両面からひもといていく。

NHK出版新書 819円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • Tリーグ成功への道のり
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。