知的文章とプレゼンテーション 黒木登志夫著

知的文章とプレゼンテーション 黒木登志夫著

知的な文章を書くための秘訣は、「簡潔・明解・論理的」の3原則を守ること。なるべく短く、正確で素直な表現を使い、無理のない論理展開を心掛ける。またプレゼンテーションでは、オバマ米国大統領やアップルの創業者ジョブズが演説の際に心掛ける、要点を3点にまとめる「3点ルール」を役立てたい。

がんの研究者である著者は、長年の研究生活の中で、数多くの論文、申請書、解説書を書き続けてきた。そこで培った知的文章法と人を引き付けるプレゼンの極意を説く。

「英語の世紀」を生きるため、ネイティブではない人々のために開発された1500語で通用する英語「Globish (global English)」の活用も勧める。

中公新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。