知的文章とプレゼンテーション 黒木登志夫著

知的文章とプレゼンテーション 黒木登志夫著

知的な文章を書くための秘訣は、「簡潔・明解・論理的」の3原則を守ること。なるべく短く、正確で素直な表現を使い、無理のない論理展開を心掛ける。またプレゼンテーションでは、オバマ米国大統領やアップルの創業者ジョブズが演説の際に心掛ける、要点を3点にまとめる「3点ルール」を役立てたい。

がんの研究者である著者は、長年の研究生活の中で、数多くの論文、申請書、解説書を書き続けてきた。そこで培った知的文章法と人を引き付けるプレゼンの極意を説く。

「英語の世紀」を生きるため、ネイティブではない人々のために開発された1500語で通用する英語「Globish (global English)」の活用も勧める。

中公新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT