知的文章とプレゼンテーション 黒木登志夫著

知的文章とプレゼンテーション 黒木登志夫著

知的な文章を書くための秘訣は、「簡潔・明解・論理的」の3原則を守ること。なるべく短く、正確で素直な表現を使い、無理のない論理展開を心掛ける。またプレゼンテーションでは、オバマ米国大統領やアップルの創業者ジョブズが演説の際に心掛ける、要点を3点にまとめる「3点ルール」を役立てたい。

がんの研究者である著者は、長年の研究生活の中で、数多くの論文、申請書、解説書を書き続けてきた。そこで培った知的文章法と人を引き付けるプレゼンの極意を説く。

「英語の世紀」を生きるため、ネイティブではない人々のために開発された1500語で通用する英語「Globish (global English)」の活用も勧める。

中公新書 840円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。