次世代インターネットの経済学 依田高典著

次世代インターネットの経済学 依田高典著

次世代インターネットはブロードバンド化、IPv.6化、FMC化、クラウド化の諸要素が絡み合って、これまでと量的にも質的にも異なる世界が展開されそうだという。

ネットワークの規模が拡大するほどユーザーへの効用も高まる「ネットワーク効果」を巧みに活用した「両面市場モデル」をどう取り込むか。固定・携帯の融合やIPv.6化が進む中で、日本企業はガラパゴス化を脱して世界と伍していけるのか。世界一速くて安いブロードバンドを持ちながら、なぜ日本ではグーグルやアマゾンのような企業が現れないのか。「コンテンツ」「インフラ」「プラットフォーム」の3層構造を踏まえたうえで、情報通信産業の現状と課題を中心に考察していく。

岩波新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。