次世代インターネットの経済学 依田高典著

次世代インターネットの経済学 依田高典著

次世代インターネットはブロードバンド化、IPv.6化、FMC化、クラウド化の諸要素が絡み合って、これまでと量的にも質的にも異なる世界が展開されそうだという。

ネットワークの規模が拡大するほどユーザーへの効用も高まる「ネットワーク効果」を巧みに活用した「両面市場モデル」をどう取り込むか。固定・携帯の融合やIPv.6化が進む中で、日本企業はガラパゴス化を脱して世界と伍していけるのか。世界一速くて安いブロードバンドを持ちながら、なぜ日本ではグーグルやアマゾンのような企業が現れないのか。「コンテンツ」「インフラ」「プラットフォーム」の3層構造を踏まえたうえで、情報通信産業の現状と課題を中心に考察していく。

岩波新書 798円

  

関連記事
トピックボードAD
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。