驚愕!ヤバすぎる「焼き鳥のつくね」の裏側

知られざる「ボーンミート」の正体

河岸君でも食べてみるとわかるよ。よく味わってごらん。どう? 本当に「肉の味」がする?

N君:うーん、そういえば「肉の味」って感じじゃないかも……。

河岸「植タン」をこれだけ混ぜたら味が薄まるから、「肉エキス」などの調味料や添加物をいろいろ入れるんだ。

N君:でも、店で売られているものには「植タン」や「肉エキス」などの表示がないから、消費者にはわかりませんね。

河岸惣菜店B店のように、「店の厨房で作って対面で販売している場合は、原材料の表示をしなくていい」というルールがあるからね。それに、そもそもこのつくねには、ほとんど「ちゃんとした肉」は使われていないと思う。

N君:ん? じゃあ、ほとんど「植タン」ってことですか?

河岸いや、肉も少しは使われているけど、その肉も「ボーンミート」のはず。

N君:「ボーンミート」って……つまり「骨」ってことですか!?

専用チョッパーで肉をそぎ取る? 骨の破片入り!?

河岸鶏をさばいて肉をとるでしょう。そうすると当然、骨が残るけど、骨の回りには、取り切れなかった肉がちょっとだけついているじゃない。

N君:そうですね。

河岸それを骨のまま、専用の「チョッパー」に入れると、あら不思議、骨のまわりの肉をそぎ取ってくれるんだ。その肉を「ボーンミート」というの。

N君:ああ、ビックリした。骨を砕いて肉にするわけじゃないんですね。

河岸う~ん……そこは何ともいえない。チョッパーは強力だから、骨がまったく入らないとは断言できないと思う。実際には、骨も少しは入っていることも多いはず。でも細かく砕かれるから、食感としてはわからないよ。

N君:いや、いくら食感でわからなくても、「骨の破片入り」は嫌ですよ……。正直、「そこまでしなくても……」という気がしますが。

河岸命をいただくわけだからね、「余さず無駄なく食べる」という意味では別に悪いことじゃない。ただ、「ボーンミート」には、それとは「別の問題」があるの。

N君:えっ? 「別の問題」というと?

次ページつくねには「5ランク」ある
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT