驚愕!ヤバすぎる「焼き鳥のつくね」の裏側

知られざる「ボーンミート」の正体

N君:とりあえず、せっかく買ってきたので、つくねを食べてみましょう。僕はつくねが大好きで、どこに行っても必ず頼むんですよ。

河岸どう? このつくねはおいしい?

N君:うーん、河岸さんにはおいしくないんだろうけど、僕にはおなじみの味ですね。

河岸つくねは、カットしてみるとよくわかるの。この断面を見てごらん。肉の粒が見えなくて「ツルツル」してるでしょう。まるで魚肉ソーセージか、かまぼこみたいに。

画像を拡大
100円つくねの断面 某大手スーパーに入っている惣菜店Bの「100円つくね」。断面が「ツルツル」「プリッ」としている点に注目(写真:今井 康一)

N君:確かに、断面が「ツルツル」していますね。

河岸もし家でつくねを作ったら、こういう断面にはならないよね。

N君:そうですね、鶏ミンチを買ってきて家でこねて丸めたら、もっと「粒々」していて「ブツブツ」の断面になります。かなり細かいミンチ肉を使っているんじゃないですか?

河岸それにしたって、ここまで「ツルツル」にはならない。これはね、「植タン(植物性タンパク)」を混ぜてドロドロにしてるの。

某食べ放題チェーンは「植タン」だらけ!?

N君:「植タン」の話は前作にもいろいろ出てきましたね。いろんな加工食品の「かさ増し」によく使われる「増量のスター選手」という話でした。

河岸そうだね。油を搾ったあとの脱脂大豆から作る「植タン」は肉よりも安いうえに、水をよく吸うから、肉をまさに「水増し」できる。混ぜれば混ぜるほど「歩留まり」(原料に対しての出来上がり量)が上がって、店やメーカーは儲かるんだ。

N君:某食べ放題チェーン店に行ったら、「植タン」で増量したものばかりで、食べられたシロモノじゃなかった、と前作に書いてましたね(苦笑)。

河岸そうそう。ハンバーグやミートボールなどによく使われるけど、このつくねも、「植タン」を目いっぱい、混ぜている味がするね。「添加物」の味もきついよ。

N君:そんなに「植タン」が入っていますか? 添加物の味もきついですか?

次ページ「ボーンミート」のディープすぎる正体
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT