ウソを見破る統計学 退屈させない統計入門 神永正博著

ウソを見破る統計学 退屈させない統計入門 神永正博著

日本の2人以上世帯における金融資産保有額の平均値は1169万円(2010年)、中央値は500万円だ。これは、平均値の1169万円を境にしてちょうど半数ずつの世帯がある、ということではなくて、半分の世帯は金融資産が500万円以下ということになる。中央値と平均値が700万円近く違うのは、一部のお金持ちが全体平均を押し上げているから。平均値がデータの特徴をうまくとらえられず、中央値のほうがより適切に状況を反映する場合もある、と大学で応用数理を教える著者は指摘する。

平均値や中央値、標準偏差、正規分布、回帰分析といった統計学の基本を、事例を交え解説。統計を正しく見極める方法を伝授する。

講談社ブルーバックス 945円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今だからこそ光る<br>絶好調企業の秘密

なぜあの会社の収益力は高いのか。パーク24、「かつや」のアークランドサービスなど17社の稼ぎの秘訣を大公開。テーマは「内需」「海外」「新市場創造」「重厚長大企業の復活」。産業天気図や出遅れ銘柄ランキング、株価10倍銘柄なども。