ウソを見破る統計学 退屈させない統計入門 神永正博著

ウソを見破る統計学 退屈させない統計入門 神永正博著

日本の2人以上世帯における金融資産保有額の平均値は1169万円(2010年)、中央値は500万円だ。これは、平均値の1169万円を境にしてちょうど半数ずつの世帯がある、ということではなくて、半分の世帯は金融資産が500万円以下ということになる。中央値と平均値が700万円近く違うのは、一部のお金持ちが全体平均を押し上げているから。平均値がデータの特徴をうまくとらえられず、中央値のほうがより適切に状況を反映する場合もある、と大学で応用数理を教える著者は指摘する。

平均値や中央値、標準偏差、正規分布、回帰分析といった統計学の基本を、事例を交え解説。統計を正しく見極める方法を伝授する。

講談社ブルーバックス 945円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT