有料会員限定

シニア起業で成功して稼ぐための「4つの秘訣」 現役時と関連の薄い資格取得はお勧めできず

✎ 1〜 ✎ 14 ✎ 15 ✎ 16 ✎ 最新
拡大
縮小

現役時の経験を生かしたシニア起業が増えている。成功の秘訣とは。

起業の文字とガッツポーズをするビジネスパーソンのイラスト
(イラスト:奈良裕己)

特集「地獄の役職定年・定年後再雇用」の他の記事を読む

サラリーマン人生の終盤が見え始める50代。定年後は「リタイアしてゆっくり」なんて考えていては地獄まっしぐらだ。役職定年や、定年後再雇用で給料が激減してしまうからだ。週刊東洋経済10月28日号では「地獄の役職定年、定年後再雇用」を特集。定年後の給与や待遇といった現実、そして失敗しない55歳からの人生設計についてお伝えする。
週刊東洋経済 2023年10/28号(地獄の役職定年・定年後再雇用)[雑誌]
『週刊東洋経済 2023年10/28号(地獄の役職定年・定年後再雇用)[雑誌]』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

「以前は定年退職した60代が時間を持て余して起業することが多かったが、最近は50代の起業が増えている」

そう話すのはシニアの起業支援で15年の実績がある、「銀座セカンドライフ」の片桐実央代表だ。50代の相談が、5年前の3倍に増加。中高年の起業に対する意識も以前とは大きく違うという。

起業で稼ぐ意欲が強まっている

従来の起業では、年金へのプラスアルファ程度の収入を目指す人が多かった。だが最近起業する50代は「現役世代並みの収入」を早期に達成したい人が多いという。勤め先の役職定年のタイミングで起業に踏み切る人も少なくない。また60代も、年金が十分ではないと考え、起業で稼ぐ意欲が強いというのだ。

次ページどんな事業で起業するか
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
地獄の役職定年・定年後再雇用
読者アンケートに4446人が回答、不満や不安も
経済コラムニスト直伝「退職金運用はNG」
「定年前の基本給6割減は違法」が退けられる
エリート会社員、大学教授の家計も赤字転落
60歳を迎えた年度の翌年度から給料は「7割」に
「たそがれ研修」で突きつけられた将来の絶望
50代社員の働き方や処遇にも変化が起きている
濱口桂一郎・労働政策研究所長インタビュー
一般社員から幹部層への昇格は社内公募のみに
一般社員は専門性高めつつ他領域への挑戦も可
リスキリング支援拡充も処遇のひも付けは途上
高い運用負荷や管理職のスキル不足も足かせに
社内の肩書きより市場価値を高めることが重要
100社応募しても返信はわずか3社しかない現実
現役時と関連の薄い資格取得はお勧めできず
助成金や低利融資など公的支援は充実している
顧問を兼務して月に100万円以上稼ぐ人も
出戻り社員歓迎、退職者の交流組織設立相次ぐ
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内