ユーハイムの「AI職人」を進化させた意外な存在 神戸にAIラボ開設のマイクロソフトが支援

拡大
縮小

”ユーハイム伝統の生地を作る職人”を教師として育てられたTHEOは、その技術を再現する目的でしか作られていない。そのためネット接続は考慮せず、スタンドアローンで動作する。異なるレシピや、別の職人が作るバウムクーヘンにも対応できないシステムだった。

職人の技を学習させることだけに特化したTHEOは、その仕組みも実はシンプルだ。オーブン手前にあるCCDカメラが焼き目や生地の塗布状況をモニターしつつ、放射温度計と庫内温度計が連動して焼き加減をモニターして記録を取り続ける。

推論モデルはユーハイムが独自開発したもので、職人はこのTHEOでバウムクーヘンを焼くことにより、AIモデルを育てる。現在のTHEOは、ユーハイムの中でも最もベテランの菓子職人歴50年を超える人物の技術を学習させたものだ。

柔軟性のないシステムをどう進化させるべきか。そこでマイクロソフトのAIラボ誘致に向けて動いていた神戸市が紹介役となり、レドモンドのAIラボと協業の下、新たなTHEOの開発が進められることとなった。

”職人の個性”をコンテンツ化

レドモンドのエンジニアが興味を持ったのは、このベテラン職人とTHEOの間に一種の師弟関係が生まれていることだった。

ユーハイムの河本英雄社長によると、バウムクーヘンは「1000人の職人がいれば、1000通りのバウムクーヘンがある」というくらい、焼き上がりと味わいに違いが出る。そんな中で、職人自身が”自分と同じバウムクーヘン”を焼き上げるTHEOに愛着を持つようになったという。愛着を感じるのは、個性があるからにほかならない。この個性こそが、”十人十色のバウムクーヘン”というコンテンツにもなる。

ユーハイムのベテラン職人だけではなく、全国の洋菓子店はもちろん、世界中の菓子職人のノウハウをダウンロードし、その焼き上げ方を再現できるようになれば、職人の技術や個性をコンテンツ化することにつながる。

レドモンドのAIラボが支援に動いたのも、失われつつある個人に帰属する技術をAIで再現するというアイデアに、可能性の大きさを感じたからだろう。

AIラボのチームはごく初期段階の改良を行うため、THEOのシステムをネットワーク化すること、つまりTHEOをIoT化するところから着手した。AIモデルをクラウド上で管理し、ネットを通じて入れ替え可能にすることで、異なる職人のAIモデルや別のレシピにも対応できるようにした。

次ページ推論モデルをより進化させる
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT