日本人女性を惹きつけるスリランカの秘めた魅力 親日の仏教国、低予算で安全に楽しめる

✎ 1〜 ✎ 39 ✎ 40 ✎ 41 ✎ 最新
拡大
縮小
スリランカ シーギリヤロック
世界遺産のシーギリヤロック(筆者撮影)

豊かな大自然に、美味しい料理、そして穏やかな人々――。

北海道より小さな国に、実に8つの世界遺産が点在するスリランカ。ガイドブックを開くと、「小さくて大きな国」「輝きの島」といった魅力的な表現が目立つ。

2009年まで26年間続いた内戦や、2019年の同時多発テロの影響もあり、「未開の地」と言われることもあるが、実は今、日本人の女性旅行者からにわかに注目を集める場所となっている。実際に筆者も8月下旬にスリランカを周遊したが、日本人旅行者が想像以上に多くて驚かされた。

この記事の画像を見る(6枚)

低予算でも楽しめる

大手旅行会社の社員がこう説明する。

「スリランカは、コロナ前から実は人気が急上昇していた国の1つです。主なターゲットは、20代~40代の少し旅行慣れした女性。今は極度な円安や世界情勢の影響で、世界中で旅行価格が高騰しており歯止めも利いておらず、航空券だけで3、4倍、全体の予算も2倍以上になっている国もある。

ただスリランカは1週間ほどでトータル20万~30万円程度と、コロナ前と大きな変化はなく問い合わせも確実に増えています。リピーターも多く、今後もしばらくこの傾向は続くでしょう」

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT