楽天が東北学生向けに会社説明会&OBOG交流会を実施

楽天が東北学生向けに会社説明会&OBOG交流会を実施

5月19日、東京品川の楽天本社にて、東北大学と宮城大学の学生を対象にした会社説明会&OBOG交流会が行われた。参加したのは両校合わせて10名。

会議室で会社説明を受けた後に社内を見学し、最後にカフェテリアで社員と懇談といったスケジュールだった。社内見学では、まず毎週月曜日に朝会の開催される2000人収容の大会議室を見学。その後、楽天大学とフィットネスクラブを見た。最先端のスポーツ器具を備え、ダンススタジオも併設したフィットネスクラブには驚いていたようだった。

後輩の窮状に宮城大学OBが立ち上がる

今回の会社説明会&OBOG交流会は、宮城大学同窓会の学生支援委員会の主催で行われた。

宮城大学OBの楽天社員が、被災地でボランティア活動に参加する中で、就活が遅れ
ていたり、交通費など金銭面で苦しい状況にある学生が多いことを知り、他のOBとともに就活支援に立ち上がった。非常事態であることから、宮城大学だけでなく他大学の学生にも声をかけて、「被災地就活支援 東京就活合宿ツァー」を実施することにしたのだ。

5月15日にバスで仙台市役所前を出発、16日から20日まで8社の説明会に参加して、21日に仙台に戻った。19日の楽天は「東京就活合宿ツァー」の一環で、楽天以外の企業はディスコ、リクルートエージェント、スパイスボックス、ソフトバンク、ユナイテッド&コレクティブ、日本トイザらス、イー・アクセスなど。

「3月11日の地震から5月まで就活ができなかった」という学生もいて、今回のツァーは就活再開のきっかけになったようだ。また、いろいろな企業を訪問したことから、特に意識していなかった企業の説明も聴くことになり、それが有意義だったとの声もあった。バス代と宿泊代は支援グループが負担したため、学生が経済的に助けられたのは言うまでもない。

東北の学生は首都圏や近畿圏の学生に比べて、就活において地理的ハンディがあり、経済負担が重い。さらに今年は震災というダメージが加わり、就活を停止せざるを得ない学生も少なくない。東北内には就職口が少ないことも考えれば、特定の大学のOBにまかせるのではなく、社会全体として東北学生の就活を支援していくべきだろう。
(東洋経済HRオンライン編集長:田宮寛之 撮影:梅谷秀司)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT